裏ハムラ法で失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

目の周辺は変化が起こりやすい部位ですが、この周辺が腫れぼったいと、はっきりとした顔立ちに見られなかったり、疲れがたまっている、眠たそうな顔に見られるなどの美容的な悩みが大きくなってしまいます。

目の下部分のたるみや腫れぼったさを取り除くために、美容整形の世界には裏ハムラ法というものが用意されています。

この手術を受ければ悩みが解消されるようになりますが、安易に利用すると失敗するリスクを伴いますので、慎重になる必要があります。

裏ハムラ法を利用したからといって、必ず見た目の悪さが解消されるとは限りません。

高い費用を払った割には、ほとんど見た目が変わらないといった失敗例があります。

しかし、このような失敗例は、未熟な医師のもとで行った場合に限られた話です。脂肪を移動させる施術ですが、移動距離が短いと起こりやすくなります。

ですが、きちんとした医療機関の医師であれば、このような事態に陥ることは稀ですので、安心しましょう。

ここでは裏ハムラ法をすることのメリット・デメリット・修正などの情報についてご説明します。

裏ハムラ法で失敗しないために知るべきこと

上手な医師・クリニックの特徴

裏ハムラ法は特別な技術が必要になる施術方法ですので、高度な技術を持った手術医に依頼をすることが大切です。

裏ハムラ法は目の周りにある血管や神経、筋肉などに触れるリスクが高いため腫れや内出血が長引いてしまう場合があります。

経験が豊富な医師であれば、目の状態を的確に見極めて内出血などのリスクをおさえることができます。

術後のケアをしっかりと行う必要がありますので、アフターケアがしっかりと整ったクリニックに依頼をするようにしましょう。

裏ハムラ法は若々しい目を維持することが可能ですので、人気の高い美容整形となります。

しかし、万が一のリスクを考えてしまいますと修正をすることになってしまったり効果が実感できなかったりなど損をしてします場合があります。

こういったデメリットを事前に避けるためにも、裏ハムラ法のノウハウをしっかりと把握した医師に施術を依頼するようにしましょう。

施術の料金や値段でクリニックを決めようと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、美容整形を成功させるためには技術はもちろんのことアフターケアもしっかりとしている必要があります。納得のいくクリニックを探して施術を受けることで、最適なメリットが受けられます。

細かなシワが発生する可能性があるという問題点

裏ハムラ法の魅力は下まぶたの内側にメスを入れますので、傷跡が目立たないというメリットがあることです。

しかし、たるみや腫れぼったさの原因になっている脂肪を移動させた後に、細かなシワが発生する可能性があるという問題点があります。

この失敗を防ぐには、裏ハムラ法ではなく、普通のハムラ法に頼るようにします。シワのリスクについては、医師からきちんと説明を受けておきましょう。

脂肪が移動することで、目の下の部分がくぼんで見えることもあります。但し、くぼみの大きさは限られていますので、人によっては失敗の範疇外として捉える傾向も見られます。

同じような失敗例として、涙袋が目立つという症状が存在します。涙袋は目元を可愛らしく見せる手段として人気があるものですので、裏ハムラ法でこの症状が発生したことを喜ぶ人も中にはいます。

目元にメスをいれることから、周辺に存在する神経が麻痺し、感触が鈍くなる危険が稀にあることも知っておいてください。

裏ハムラ法の失敗

裏ハムラ法の失敗で、「くぼむ」ってどういうこと?

目の上、目の下がくぼむことがあります。

脂肪を取り除くだけの方法に比べると少ないとはされていますが、脂肪を移動しすぎたことが原因で目の下がくぼむことがあります。

脂肪は目の上にもつながっているため、それに伴って、目の上までもくぼんでしまうというケースもあります。

こうして脂肪の凹凸ができてしまうことで、手術前に比べて老けてみえてしまうといった失敗例もあるようです。

目元のくぼみや凹みを適切に処置することがその後の見た目にも大きく関わってきます。

クマ・たるみが解消しない

ハムラ方が目の下の肌を切開してたるみをとるのに対し、裏ハムラ法は皮膚ではなく、まぶた内側の結膜を切開して手術を行います。傷が見えない場所にできないということでこの方法を選ぶ方も多いようですが、目の下のクマ・たるみが解消しない、余計に目の下が膨らんで見えるという失敗例もあります。

これは手術を行ったところが小さすぎて、たるみの原因である脂肪をしっかりと移動できない場合に起きてしまいます。

腫れと内出血が強く出る

通常、術後3日から5日程度は腫れが続き、1週間ほどで徐々におさまってきますが、目の下の皮膚は非常に柔らかく薄いため、腫れと内出血が強く出ることがあります。特に目に近い場所での手術になるので少しでも太めの血管を傷つけてしまえば、内出血や腫れはなかなか治りません。

裏ハムラ法は結膜側から行う繊細で緻密な方法なので、経験則や技術力を持った医師に施術してもらうことが失敗しないためにも必要です。

修正をする必要があるときには

裏ハムラ法は、確かにダウンタイムがハムラ法よりも少なくて済むというメリットがあります。しかしながら、効果のある手術方法が目の下の膨らみやたるみの状態によって変わってくるということについては充分に留意しておくべきことといえるでしょう。

それを怠ると手術をしても裏ハムラ法の手術した後にさらに修正手術をしてしまうことにもつながります。こうしたときには余計に費用がかかってしまいますので、手間を増やすような事態にはしないようにする必要があります。

もしも修正をする必要があるときには脂肪注入・ヒアルロン酸注入やPRP皮膚再生療法といった治療方法がありますが効果を維持するためには何度もこうした施術を行うことでようやく思い通りになるということを充分に考慮しておく必要があります。

下手な医師のもとで裏ハムラ法の手術を受けると失敗しやすくなってしまいますので、ドクター選びについても重要です。

信頼できるドクターを選んだ場合には後で手術後に修正が必要となる場面でも無償で行ってくれる場合も多くあります。

おすすめのクリニックを探すために

裏ハムラ法を使って目のクマ・たるみを解消するためには思わぬ結果を招くことがないように気をつけなければなりません。

正しく脂肪を移動できなかったためのくぼみや、長時間続く腫れや内出血はその後の生活にも支障をきたしてしまいます。

こうした失敗が起こらないよう、慎重に医師・クリニック選びをしましょう。

当相談所では名医の・おすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、お気軽にお問合せください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。