フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

SMASリフトに失敗するとどうなる?

SMASリフトはリフトアップ方法の一種で、特に効果が出やすい方法です。一般的なリフトアップ方法は皮膚を持ち上げたりする事でたるみを解消させますが、効果が長持ちしにくいというデメリットがあります。SMASリフトは皮膚を持ち上げる方法とは違い、皮膚の根本にある組織を一緒に引き上げるという方法なので、失敗をしなければ効果が長持ちしやすく、何度もサービスを利用する事にならないので、費用も抑えられます。

メリットが多いリフトアップ方法なので、最初からこの方法を選ぶ方も多いです。このリフトアップ方法を用意しているクリニックも増えてきているので、誰でも利用出来ます。皮膚だけでなく、皮膚の下にある筋膜組織も持ち上げなければならないので、傷痕が残る可能性がありますが、名医の方に相談をする事が出来れば、目立たないようにもしてくれるので、安心して相談する事が出来ます。写真でリフトアップ前とリフトアップ後で比べると、かなり差がでるので、効果も実感しやすいです。

SMASリフトに失敗するとどうなる?

リスク・失敗例が多いというデメリットがあります

SMASリフトは確かに効果が出やすい人気が高い方法ですが、リスクが大きいというデメリットがあります。皮膚の下にある筋膜組織を吊り上げる事自体が難しい事なので、担当する医師の方には、高い技術力が要求されます。対応が悪いような方に相談をすると失敗しやすく、せっかくたるみの解消が出来たと思ったらすぐに元に戻ってしまったり、大きな傷痕が出来てしまう場合があります。

また、最悪の場合は皮膚に何らかの炎症等が出来てしまい、治療サービスを利用する必要が出てくる場合もあります。顔の皮膚の炎症ともなると、治療費もそれなりに発生するので、サービス利用者は悩みを解決する所か、高額の費用を請求されるだけで損をする事になります。SMASリフトはなるべく評判が良いような名医の方が居るクリニックを選ぶようにして、後になって失敗をしないようにしましょう。名医の方なら手術の仕方もちゃんと知っているので、トラブルが起こるような事にもならずに済みます。

SMASリフトの失敗

SMASリフトの失敗例として考えられる、「効果が無い」について

効果が無いと感じることもあるのが美容整形です。

SMASリフト術では、皮膚と表情筋の筋膜の2層を引き上げる必要がありますが、技術が未熟な医師が執刀を行った場合には筋膜をしっかりと引き上げることが出来ずに効果が無いと感じる場合もあります。また、一般的なフェイスリフトよりも時間がかかるのが通常ですが、短時間で手術を済ませようと正しい方法で行わなかった場合も手術直後は効果を実感することが出来ても時間の経過とともに効果が無いと感じてくることもあります。

ひきつれが起こるかもしれない

フェイスリフト術の方法はいくつかありますが、最も一般的に行われている方法として、SMASリフト術があります。表情筋の筋膜と皮膚とを同時に引き上げるという術式ですが、切開する場所が適切では無かった場合には、ひきつれの原因になる可能性があります。肌のひきつれは、見た目が不自然になってしまう事がありますので、注意が必要です。一人ひとりの状態に合わせた手術を行うことが出来る医師を選ぶようにしましょう。

切開した毛髪内がハゲることもある

SMASリフト術では、耳の前から後ろに掛けてを切開する必要があります。その際に、切開した毛髪内がハゲる可能性があります。時間の経過とともに髪の毛が生えてくることもありますが、切開した場所や体質によっては、切開した毛髪内がハゲることもあります。必要最低限の傷に留めることが出来る技術と経験が必要になるでしょう。なお、傷跡については、髪の毛が長いという場合には、髪の毛で隠すことも可能です。

名医を探すことが大切

フェイスリフトには様々な方法があり、一人ひとりの希望や状態によって適している方法は異なります。そこで、手術を依頼するという場合には、豊富な経験と高い技術力のある名医と呼ばれる医師に依頼するようにしましょう。手術前には手術について分からないことや不安に感じることがあれば、しっかりと確認し、納得した上で手術をうけるようにしましょう。当相談所に名医のリストアップを依頼していただければと思います。(もちろん、無料です)

有益な情報、学会研究や術式の違いなどの情報集めるということは非常に大切になります。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。