セルリバイブジータに失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

セルリバイブジータは、自分の血液成分と細胞成長因子を使って、たるみやシワなどを改善するという治療法です。細胞成長因子添加W-PRP療法とも呼ばれています。

自分の血液から採取した血小板と白血球を注入することで、シワやたるみを解消するセルリバイブに、さらに細胞成長因子を加えることで、皮膚を再生させる効果を高めました。

セルリバイブジータは、ヒアルロン酸などの他の注入系の治療法と比較しても、その効果の持続性は長めで約3~5年程になります。

細胞成長因子は、コラーゲンの生成を促進して弾力を高める働きがるので、従来のセルリバイブよりも、より高い効果を感じられる施術となっています。

シワやたるみだけでなく、これまで治療が困難と言われてきた首のシワや、目の下のくぼみや、ほうれい線にも効果を発揮します。

セルリバイブジータは、このような効果のある治療法ですが、もし失敗したらどんな状態になるのかという点についても。きちんとあらかじめ把握しておく必要があります。

セルリバイブジータの修正を繰り返した結果…など。

こちらではセルリバイブジータの失敗例や修正についてご説明致します。

セルリバイブジータに失敗したらどんな状態になる?

上手な医師・クリニックの特徴

セルリバイブジータはメスを使うこともなく、注入するのも自分の血小板なので比較的安全性の高い施術ではありますが、それでも失敗がない訳ではありませんので、その為にはセルリバイブジータの手術や修正に関する知識と経験が豊富な医師を見つける必要があります。

セルリバイブジータの手術や修正が上手な医師の見つけるには、最も簡単な方法として公式ホームページを確認する方法が考えられます。

公式ホームページには必ず担当医師のプロフィールが掲載されていますが、その中にセルリバイブジータの手術や修正に関する経歴や資格が豊富に記載されていれば上手な医師と判断できます。

また上手な医師であれば施術に関する詳しい説明をしているケースも多いので、そのような記述もあるのか確認をしてみましょう。特に良い医師の場合には知識がない素人でも分かるような言葉や説明図、写真を使用しているのでそれがあればより良いでしょう。

他にも多くのクリニックでは施術に関するメリットについては詳しく記載しているものですが、良い医師がいるクリニックと言うのは施術に伴うデメリットやリスクについても包み隠さずに説明をしているものです。

その為、メリットだけではなくデメリットやリスクについても記載があるのか確認しましょう。

失敗は担当する医師の技術力の問題

セルリバイブジータは、自分の血液から採取した血小板と白血球に細胞成長因子を加えて患部に注入することで、シワやたるみなどを改善するという治療法です。

この細胞成長因子は医薬品として認可されている物なので安全性に特に問題はありませんが、細胞成長因子の量やバランスや注入の深さなどによっては、凸凹やしこりなどが発生することもあります。これは場合によっては、肉芽腫になる恐れもあります。

もし注入を失敗して凸凹が出来てしまった時は、その凸凹をもとに戻すのが大変です。ステロイドの注射やレーザーである程度良くなる人もいますが、あとは時間の経過でよくなるのを待つしかないこともあります。

ただし、この失敗は、担当する医師の技術力に問題があった場合に発生することが多いので、セルリバイブジータの症例数の多い、確かな技術を持った名医を選ぶようにすることが、失敗を回避するためにも重要なことです。施術前に、注入物についてよく確認しておく必要があります。

セルリバイブジータの修正

受けなきゃよかった?セルリバイブジータに失敗、持続期間が短い

持続期間が短いことについて。

セルリバイブジータは、2~3年程度の持続期間があり、他の治療法よりは持続期間が短いです。10年以上の持続期間があるような治療法もあるため、持続期間が長いものにしたい人の場合は、他のものを選択する必要があります。

また、医師の治療技術によっては、通常よりも持続期間が短いこともあるため、治療技術が成熟している医師に治療を依頼することが大切であり、さまざまなクリニックの医師を比較することが大切です。

しこり・膨らみ過ぎる(成長因子の暴走)こともある

セルリバイブジータは、血液を採取して血小板などの成分を抽出してから成長因子を添加して、肌に注入していくような治療法になっています。

自分の血液を主に利用するため、比較的安全な治療とされていますが、添加する成長因子によって、しこり・膨らみ過ぎる(成長因子の暴走)などの異常な事態が起きる可能性があるため、治療をする前に、成長因子について調べておくことが重要になっていて、いろいろなクリニックを比較することをおすすめします。

定着しない・吸収される

セルリバイブジータは、注射で注入した血液を主成分とする液が、定着しない・吸収される可能性もあります。

治療をする場所によっては、注射液を増やしていく必要性などがありますが、経験が少ない医師の場合は、注射液の量を調整しない場合もあるため、治療が豊富で評判が高いような医師に治療を施してもらうことをおすすめします。口コミサイトなどで、いろいろな治療の感想を調べやすくなっているため、しっかりと調べることが必要です。

セルリバイブジータの失敗

セルリバイブジータの修正とは?

美容医療も多くの種類がありますが、最近は再生医療を提供しているクリニックが増えています。セルリバイブジータも注目されている治療のひとつです。

怪我をしてしまったときの皮膚の再生に役立つのが血小板ですが、血小板には様々な成長因子が含まれていることも特徴的です。

セルリバイブジータは自らの血液を採取し、成長因子を含んだ血小板を皮膚に注入することで痛んだ肌を再生したり、若々しい顔を取り戻すために活性化させることができます。

美容医療の注入治療では様々な成分が注入されますが、体に異物を注入擦ることに抵抗を感じる人もあるのではないでしょうか。

その点、セルリバイブジータなら自らの血液を使いますので安全性も高く、体への負担も少ないものとなっています。拒絶反応や副作用のリスクも大きく抑えられており持続性が高いことでも注目されています。

治療が成功すると良い改善が期待できますが、そうでない場合は修正が必要となることもあります。

修正治療を行うことである程度改善

セルリバイブジータは血液に成長因子を加えて戻すことで皮膚の再生力をアップさせていきます。

治療が難しい目の周りのシワ、くま、瞼のくぼみなどにも対応することができますし、ニキビ跡の肌の凸凹の改善にも役立ってくれます。

効果が数年程度と長く持続することが魅力ですが、それゆえに治療がうまくいかなかった場合は長期にその状態で我慢しなくてはいけません。

治療がうまくいかないと肌表面が凸凹してしまうこともありますので、リスクについてもよく理解しておく必要があります。

修正治療を行うことである程度の改善を得ることができますが、できればそうした治療を行わなくて良いよう、一度の施術で良い効果が得られるほうが良いものです。

セルリバイブジータはまだまだ新しい治療ということで、対応している医療機関は多くはありませんが、クリニック選びはとても大事となりますので、クリニックの評判や医師の技術力の高さはよく確認して安心して治療が受けられるクリニックを選びましょう。

名医を探すことも重要な治療

セルリバイブジータは、再生医療の一つであり、肌を若返らせていくことが可能になっています。

成長因子を添加させるような治療法であり、肌をより若返らせていくことができるため、魅力が多い治療になっています。

しかし、添加させる成長因子によっては、副作用を生じるようなこともあるため、成長因子を比較していくことが大切です。

また、よい治療をしてくれる名医を探すことも重要であり、治療効果を長くさせてもらうことができます。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

セルリバイブジータの施術や修正が上手な医師を見つけることは非常に大切ですが、それと同時に大切になってくるのが良いクリニックを見つけることです。そんなおすすめのクリニックを見つける方法は上手な医師を見つけることと同様に公式ホームページを確認することで判断できます。

まずはセルリバイブジータに使用する設備が整っているのかを確認してみてください。設備がしっかりと整っていていれば、そのクリニックでのセルリバイブジータの施術頻度が多いことが分かります。また頻度が多ければ担当医師はもちろん他のスタッフの知識や経験も豊富なことが分かります。

そうなれば担当医師との連携も取れているので、スムーズな施術が受けられるし万が一トラブルに見舞われても迅速な対応をしてくれるでしょう。

他のスタッフの存在も重要になるセルリバイブジータの手術や修正ですが、それには他のスタッフのプロフィールの記載があるのかどうかも確認しておくと良いでしょう。他のスタッフのプロフィールが記載されているということは、そのクリニックに長く在籍している証なので、より担当医師との連携が取れていると思われます。

このように公式ホームページを確認することである程度は良いクリニックを選別することができますが、最終的な判断はクリニックを受診してカウンセリングの対応を見て判断をしましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。