フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

セルリバイブジータに失敗したらどんな状態になる?

セルリバイブジータは、自分の血液成分と細胞成長因子を使って、たるみやシワなどを改善するという治療法です。細胞成長因子添加W-PRP療法とも呼ばれています。自分の血液から採取した血小板と白血球を注入することで、シワやたるみを解消するセルリバイブに、さらに細胞成長因子を加えることで、皮膚を再生させる効果を高めました。

セルリバイブジータは、ヒアルロン酸などの他の注入系の治療法と比較しても、その効果の持続性は長めで約3~5年程になります。細胞成長因子は、コラーゲンの生成を促進して弾力を高める働きがるので、従来のセルリバイブよりも、より高い効果を感じられる施術となっています。シワやたるみだけでなく、これまで治療が困難と言われてきた首のシワや、目の下のくぼみや、ほうれい線にも効果を発揮します。セルリバイブジータは、このような効果のある治療法ですが、もし失敗したらどんな状態になるのかという点についても。きちんとあらかじめ把握しておく必要があります。

セルリバイブジータに失敗したらどんな状態になる?

失敗は担当する医師の技術力の問題

セルリバイブジータは、自分の血液から採取した血小板と白血球に細胞成長因子を加えて患部に注入することで、シワやたるみなどを改善するという治療法です。この細胞成長因子は医薬品として認可されている物なので安全性に特に問題はありませんが、細胞成長因子の量やバランスや注入の深さなどによっては、凸凹やしこりなどが発生することもあります。これは場合によっては、肉芽腫になる恐れもあります。

もし注入を失敗して凸凹が出来てしまった時は、その凸凹をもとに戻すのが大変です。ステロイドの注射やレーザーである程度良くなる人もいますが、あとは時間の経過でよくなるのを待つしかないこともあります。ただし、この失敗は、担当する医師の技術力に問題があった場合に発生することが多いので、セルリバイブジータの症例数の多い、確かな技術を持った名医を選ぶようにすることが、失敗を回避するためにも重要なことです。施術前に、注入物についてよく確認しておく必要があります。

受けなきゃよかった?セルリバイブジータに失敗、持続期間が短い

持続期間が短いことについて。

セルリバイブジータは、2~3年程度の持続期間があり、他の治療法よりは持続期間が短いです。10年以上の持続期間があるような治療法もあるため、持続期間が長いものにしたい人の場合は、他のものを選択する必要があります。また、医師の治療技術によっては、通常よりも持続期間が短いこともあるため、治療技術が成熟している医師に治療を依頼することが大切であり、さまざまなクリニックの医師を比較することが大切です。

しこり・膨らみ過ぎる(成長因子の暴走)こともある

セルリバイブジータは、血液を採取して血小板などの成分を抽出してから成長因子を添加して、肌に注入していくような治療法になっています。自分の血液を主に利用するため、比較的安全な治療とされていますが、添加する成長因子によって、しこり・膨らみ過ぎる(成長因子の暴走)などの異常な事態が起きる可能性があるため、治療をする前に、成長因子について調べておくことが重要になっていて、いろいろなクリニックを比較することをおすすめします。

定着しない・吸収される

セルリバイブジータは、注射で注入した血液を主成分とする液が、定着しない・吸収される可能性もあります。治療をする場所によっては、注射液を増やしていく必要性などがありますが、経験が少ない医師の場合は、注射液の量を調整しない場合もあるため、治療が豊富で評判が高いような医師に治療を施してもらうことをおすすめします。口コミサイトなどで、いろいろな治療の感想を調べやすくなっているため、しっかりと調べることが必要です。

セルリバイブジータの失敗

名医を探すことも重要な治療

セルリバイブジータは、再生医療の一つであり、肌を若返らせていくことが可能になっています。成長因子を添加させるような治療法であり、肌をより若返らせていくことができるため、魅力が多い治療になっています。しかし、添加させる成長因子によっては、副作用を生じるようなこともあるため、成長因子を比較していくことが大切です。また、よい治療をしてくれる名医を探すことも重要であり、治療効果を長くさせてもらうことができます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。