フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ニュートンコグリフト(N-COG)の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

自然な若返りを期待できる治療

ニュートンコグリフト(N-COG)は溶けるタイプの糸ですので、体に残りません。それゆえに体に異物を残したくないと考える人にもおすすめの治療です。

ニュートンコグリフト(N-COG)は糸に突起がついており、ジグザグに引き上げていくことができますので強力なリフトアップ効果を期待することができます。

コラーゲンの生成で肌のハリ、弾力もアップしますので急激な変化ではなく、自然な若返りを期待できる治療です。

治療がうまくいかなかった場合は肌の表面が凸凹になる、顔が引きつれる、ダウンタイムが長くなる、思うような効果が得られないなどがあげられます。

治療がうまくいかなかった場合は修正で対応することもありますが、この場合は糸を取り除いたり、入れ直したりすることとなりますので、体の負担も大きくなってしまいます。

名医が担当してくれると修正の必要もなく、一度の施術で良い改善を得ることができますので、クリニックは慎重に選んでいきましょう。

ここではニュートンコグリフト(N-COG)の修正についてご説明します。

上手な医師・クリニックの特徴

ニュートンコグリフト(N-COG)による修正が上手な医師の特徴としては、術後の状態をしっかりとイメージして施術を行うことができる点が挙げられます。

そのため、ニュートンコグリフト(N-COG)による修正が上手な医師は丁寧に事前のカウンセリングを行います。

なぜなら、事前のカウンセリングをしっかりと行うことで、患者さんがどのようなイメージの顔にしたいのかを把握するようにするからです。

また、カウンセリングの際には、ニュートンコグリフト(N-COG)による修正がどのような施術であるのか、そのメリットだけではなく、デメリットについても説明してくれます。

ニュートンコグリフト(N-COG)による修正のメリットばかりでなく、デメリットまで説明するためには、経験が必要です。

そのため、デメリットまで説明できる医師は経験豊富な医師であると考えることができます。

要するに、上手な医師の特徴としては、ニュートンコグリフト(N-COG)による修正の経験が豊富であり、それに関するカウンセリングをしっかりと行ってくれる医師であることが挙げられます。

その際に、メリットだけでなく、デメリットまでしっかりと説明してくれる医師が名医であると言えます。

失敗例を解説

ニュートンコグリフト(N-COG)は、フェイスリフトの方法として多い切開を行わずに糸を使用してリフトアップを行い顔のたるみを改善していく方法です。

切開法による本格的なフェイスリフトをするのには抵抗がある人やとりあえずリフトアップをしてみたいフェイスリフト初心者に適している方法ともいえます。

糸の干渉によって引き連れを起こすこともあり、特にもともと皮膚が薄い人の場合はその症状が出やすいとされていますが必ず出るというわけではありません。

では、ニュートンコグリフト(N-COG)における失敗とはどんなことなのでしょうか。

美容医療は施術である以上、成功してコンプレックスを解消できることもありますが逆に失敗してしまうリスクが存在するということもしっかり把握しておきましょう。

また、ダウンタイムや料金相場なども同時に理解しておくと、自分が施術を検討するときに役立ちますのでこの機会に知っておくことをおすすめします。

ニュートンコグリフト(N-COG)の失敗が怖いのはナゼ?

引きつれを伴うことや顔がくぼんでしまう失敗

ニュートンコグリフト(N-COG)のダウンタイムは1週間ほどとされていますが、腫れや痛みが続くこともありますので長めに考えておくのが良いでしょう。

術後にどう過ごすかによっても回復度合いが異なってきますので、激しい運動や喫煙など刺激となることは避けて安静に過ごすようにしましょう。

ニュートンコグリフト(N-COG)における失敗とは、場合によって引きつれを伴うことや顔がくぼんでしまう失敗が考えられます。

いわゆるコラーゲントンネルができていないせいで起こるとされているものですが、クリニックによってはへこんだまま放置するところもありますので、その場合には別のクリニックで修正施術を行うようにするのが良いでしょう。

ニュートンコグリフト(N-COG)における料金相場は顔の両側に10本糸を挿入するのに25万前後が相場とされていますので、クリニックを決める際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

この料金よりもはるかに安い料金で施術を提供しているクリニックには安いだけの理由がありますので、そういったクリニックは選ばないようにするのが望ましいでしょう。

ニュートンコグリフト(N-COG)に失敗すると糸が透けて見える!?

ニュートンコグリフトと糸が透けて見える現象があります。

ニュートンコグリフト(N-COG)の場合は、挿入をした糸が透けて見えるような失敗はあまりありません。糸の挿入はトラブルとして、糸が皮膚から見えることもありますが、それは技術力の足りなさからのミスです。ニュートンコグリフトは敵的に入れることで、コグと呼ばれる突起のある特殊な糸を挿入しますので、適切な位置に入れればすけないですし、中でずれることいったことも、滅多にありませんので心配はないです。

ニュートンコグリフトは効果が持続しない

ニュートンコグリフト(N-COG)は効果が持続しないと申しますのは、皮膚を切る引き上げ美容外科手術との比較からのしてんでしょう。ニュートンコグリフトは伸縮性のあるコグ系のスレッドを持ち手、柔軟な顔の表情をもたらしながら、引き上げや若返りをすることができます。糸を挿入しての治療法であるために、大きなリスクもないですし、持続は1年から1年半程は続きますので、糸治療では、良い効果の持続があります。

ニュートンコグリフトとひきつれ・笑顔が不自然

ニュートンコグリフト(N-COG)は、糸を挿入することで起こりうる、ひきつれ・笑顔が不自然という現象も、ほとんど心配はない美容整形法です。と申しますのは、皮下にコグ系のとても柔軟なスレッドを挿入するのみの美容整形であり、それはとても柔軟な動きをするのも特徴的であるためです。顔の筋肉が動きますと、挿入をしたコグはしなやかに、一緒に動くことになりますので、笑顔はとてもナチュラルなものです。

ニュートンコグリフト(N-COG)の失敗

ニュートンコグリフトはおすすめ

ナチュラルですぐにできる美容整形法として、ニュートンコグリフト(N-COG)はおすすめな糸の整形です。治療の傷跡は生え際だけになりますので、術後もほかの人間には悟られにくいです。

腫れも出るものの、糸を入れるだけのクイックな手術であるために、数日から7日ほどもすれば、肌の腫れも落ち着いてきます。下がってきた頬を引き上げたい人にも、ニュートンコグリフトの治療でしたら、キュッと引きあがります。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

ニュートンコグリフト(N-COG)による修正は、切開することなくたるみを改善することができるという特徴があります。

傷跡は針穴程度であることから、ダウンタイムの時間も少なくて済みます。

ニュートンコグリフト(N-COG)による修正は1年〰1年半程度の持続効果となるため、本格的なフェイスリフトよりも手軽にできる点で人気があります。

ニュートンコグリフト(N-COG)を施術するとすぐに若返りを実感することができると言われています。

しかしながら、ニュートンコグリフト(N-COG)による修正にもリスクがあることをしっかりと理解しておく必要があります。

ニュートンコグリフト(N-COG)による修正では糸を皮膚の下に挿入して吊り上げることになるため、技術が未熟な医師が施術を行った場合には、笑顔が不自然になるなどの症状があらわれる可能性があります。

それを防ぐためには、経験豊富で技術のしっかりした医師に施術を任せる必要があります。しかし、外からみてもなかなかその医師の技術はわからないものです。

当相談所では、おすすめのクリニックや名医の紹介をしております。ニュートンコグリフト(N-COG)による修正をお考えのお客様はお気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。