フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ミラクルリフトに失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

ミラクルリフトの手術を解説

ミラクルリフトとは特殊加工をした糸を使って顔のたるみを引き上げる方法です。

メスを使わずにこめかみの辺りからギザギザ状の糸を入れ、その棘状の部分でたるんだ組織を引っ掛けて上に引っ張りことで頬を引き締め、ほうれい線を解消する効果があります。

メスを使わないということや傷口は糸の挿入口のみなので小さく、初めての方でも抵抗なく受けやすい印象になっています。

しかも使用する糸は体内に入れても溶けないので、生分解性で溶ける糸を使用する施術より引き上げ効果が持続します。

また、糸の周辺部の免疫細胞が活性化することにより施術前よりコラーゲンなどが生成されるため、ハリがアップして引き締め効果や美肌効果も出ます。

このようにミラクルリフトには施術を受けることでメリットがたくさんありますが、失敗する可能性やリスクもあります。

この施術を受けるのであれば、失敗するとどうなるのかをきちんと踏まえた上で受けることをおすすめします。

ここではミラクルリフトの修正についてご説明します。

ミラクルリフトに失敗したらどうなるか知ってる?

マリオネットラインに特に効果を発揮

ミラクルリフトは、糸の表面に特殊な加工を施しているため、1本1本に強い組織把持力があります。

そのため、従来の糸を使った施術と比較しても、リフトアップ効果型角、頬や顎にかけてのフェイスラインや、ほうれい線、マリオネットラインに特に効果を発揮します。

また大量の糸を使用するため、たるみの引き上げ効果が長期間続くというメリットがあります。

ミラクルリフトは、深いしわやたるみにも有効で、特に顎や頬、口元のたるみが気になるという人におすすめの施術です。

糸の本数や方向を選択することで、症状にあった治療を行うことができ、従来のリフトアップ施術の中でも、もっとも優れていると評価されています。

メスを使わないため、傷跡の心配もなく、局所麻酔で行うため、施術中も鏡を見ながら確認することができるので、近年人気の施術となっています。

ただ医師の技術が未熟だと、失敗し修正手術を行う必要が出てきますから、技術や経験が豊富なクリニックや医師を選ぶことが大事です。

上手な医師・クリニックの特徴

ミラクルリフトは糸を挿入する際に引き上げすぎてしまうと、表情がひきつったり、顔のバランスが悪くなる原因となります。

また、肌の厚さに合った皮膚を使わないと、糸が透けて見えてしまうこともあります。

そしてミラクルリフトでは溶けない糸を使うため、糸をなくしたい場合は皮膚を切り開き、糸を取り除かなければなりません。

しかし糸の折り返しと皮膚の組織がしっかりとくっついていると、糸を取り除くことは非常に困難になります。

このように、ミラクルリフトの修正を行うのは非常に困難となります。そのため、ミラクルリフトを行う際に、上手な医師に依頼することが重要となります。

上手な医師の特徴としては、患者とのカウンセリングをしっかりと行うということが挙げられます。

フェイスリフトの方法には切る方法と切らない方法、溶ける糸を使う場合と溶けない糸を使う場合があります。

上手な医師は、いくつかフェイスリフトの方法があること、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと説明します。

そしていくつか選択肢が提示されたうえで、患者のニーズに合った最適の方法を選択していきます。

また、特に修正が必要となる場合には、形成外科の経験を持つ医師を選ぶことも重要です。形成外科を経験しているかどうかは医師のプロフィールで確認することができます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

失敗例

では、ミラクルリフトの失敗として挙げられるのが、たるんだ皮膚の移動場所がおかしく、かえって顔が大きく見えることです。

ミラクルリフトの場合、たるみは取り除くのでなく、上に引き上げることによって解消します。

つまり、たるみを上手く上部に引っ張って移動させればスッキリした顔つきになりますが、デザインも考えずに引っ張り上げるだけでは顔つきに違和感が出てしまうのです。

特に頬骨が出ている場合、その上に引き上げようとすると頬骨の上に皮膚が乗ってしまい、女性らしい丸いシルエットがなくなるどころか顔の上半分だけ大きくなったような印象になることもあります。

このように施術で失敗すると、小顔どころか逆に顔が大きくなってしまう可能性もあります。

そうならないためにはミラクルリフトにおいて施術経験の豊富な信頼できる医師に施術してもらうことをおすすめします。

やはり、経験の浅い医師の場合、技術力が低いためフェイスデザインも上手くいかず失敗する可能性があります。そのため受ける際には信頼できる医師がいるクリニックを選ぶことをおすすめします。

ミラクルリフトの失敗

ミラクルリフトの失敗で「効果が持続しない」って本当?

効果が持続しないこともあるのがこの手術の失敗例です。

ミラクルリフトは、糸を1本1本、医師の手によって頬に張りめぐらせていくような治療法になっているため、糸の張りめぐらせ方次第で、効果が持続しないこともあります。

一般的には5年以上の持続効果があるとされていますが、すぐに効果が無くなってしまうこともあるため、治療が上手な医師を口コミなどによって探し出すことが重要であり、よい治療をするために、いろいろな情報を仕入れておくことが大切になっています。

ひきつれ・笑顔が不自然

ミラクルリフトは、頬に糸を多数張りめぐらせていくような治療なので、強い力で糸を引っ張り上げるような治療をしてしまうと、表情を作る筋肉を締め付けてしまうことがあり、ひきつれ・笑顔が不自然な症状が出る場合もあります。

肌の状態に合わせて糸を張りめぐらせる方法を調整できるような医師を探して治療をすることが、リスクを回避するためには大切であるため、インターネットなどを使って、情報を集めることをおすすめします。

糸が透けて見えるリスクもある

ミラクルリフトの治療をした後に、治療に使われた糸が透けて見えることもあります。肌が薄い人に起こりやすい症状であるため、治療がしっかりできる肌であるかを、医師に見極めてもらうことが重要であるため、経験豊富な人を探し出すことが大切です。

また、経験不足の医師が、通常とは異なるような治療をした場合にも、糸が透けて見えるような状態になることもあるため、口コミなどの評判も調べることが大切です。

施術経験の豊富な信頼できる医師に施術してもらうことをおすすめ

ミラクルリフトは、肌のたるみやしわを治療することが可能になっています。

しかし、糸を医師が少しずつ入れていくような治療法になっているため、仕上がりが大きく異なる可能性があるような内容になっているため、さまざまなトラブルが生じることも多くなっています。

そのため、治療を何度もしていて、失敗することがほとんどないような医師を探して治療を依頼することが、リスクを軽減できる方法なので、おすすめします。上手な名医を選ぶことです。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

ミラクルリフトはポリプロピレン製の溶けない糸を使用します。しかし糸を挿入する際、引き上げすぎてしまうと顔のひきつりや痛みが生じてしまったり、顔のバランスが崩れてしまうことがあります。

また、皮膚が薄い方の場合は糸が透けて見えてしまうことがあります。

このように様々なトラブルが見られた場合、糸を取り除く必要があります。

しかし糸と皮膚組織がくっついた状態になると糸を取り除くことは非常に困難となります。

そのため、一度入れた糸を取り除く修正は非常に困難となります。

修正を行わないために重要なのが、上手な医師に手術を依頼することです。上手な医師は患者とのカウンセリングをしっかりと行います。また、形成外科での経験がある方の場合、技術力も高いことが多いです。

ミラクルリフトは糸を挿入してリフトアップを行います。しかし技術力の低い医師ですと、その分トラブルが生じる可能性が高くなります。

そこで少しでもトラブルを少なくするためには上手な医師に手術を依頼する必要があります。

上手な医師のいる病院には、受付が丁寧、料金設定が明確などの特徴があります。そして当相談所では、そんな上手な医師のいるおすすめの病院を紹介しています。ぜひお気軽にご連絡いただけたらと思います。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。