フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ミニリフトの失敗として考えられること

ミニリフトの失敗については、まずは、効果が元々わかりにくいフェイスリフトである事を知っておく必要があります。
ミニリフトは、「部分的」にリフトする方法となります。
おもな治療方法としては、耳周囲の皮膚を切開し、耳の前にあるSMAS部分の切除、および引き上げ等を行います。
この場合、「アゴから首にかけて、リフトアップを実感することが出来ます」が、位置的に「アコから頬、頬から首にかけては、実感しにくいアップ方法」といえます。
この為、鏡を正面からみた場合に、当然ながらその効果は実感しにくいものとなりますので、「効果がない・失敗した」と感じてしまう事も多いようです。

頬のリフトアップを望む場合は、本格的なフェイスリフトか、糸を使ったフェイスリフトが望ましい手術・美容整形となります。

治療後が残りにくく、費用的にも勧めやすいため、ドクターはミニリフトをよく勧めてきますが、治療内容や効果については、事前にドクターによく尋ねる事をおすすめします。

ミニリフトの失敗として考えられること

ミニリフトの施術後には多少の腫れは発生

尚、前述のとおり、「アゴから首にかけてのリフトアップ」もまったく実感できないような場合は、手術の失敗も考えられます。手術が失敗している場合は、実際に引き上がっていなかったり、皮膚の引き連れの原因となります。
術後は、皮膚組織がダメージを受けていますので、ミニリフトの施術後には多少の腫れは発生します。
手術の効果を明らかに出すために、深い処理を施された場合は、特に腫れる事となりますので、あらかじめ承知しておく必要があります。
施術で「切る治療」を行うフェイスリフトでは、ミニリフトを含め、腫れは必ず発生しますし、深い施術になればそれだけ腫れる事となります。

失敗例

ミニリフトの施術が失敗した場合の症状としては、
「耳たぶが変形してしまう」
「ピクピクと引き連れがおさまらない」
「実際に引き上がっていない」
「傷跡が汚く残っている」
等があげられます。

フェイスリフトの美容整形は、施術を行うドクターの腕により、仕上がりや術後のダメージ等が如実に現れる手術となりますので、注意が必要です。

ミニリフトの失敗

ミニリフトに失敗して残る「傷跡」ってどういう状態?

リフト手術をしての傷跡が残る失敗例があります。

ミニリフトは切開の美容整形ですが、ちょうど髪の毛の中に傷跡が隠れますので、術後もあまり目立たないで住みます。だいたい耳の前の方の、軟骨のあたりに沿うところを、だいたい3cmくらい切り開いて、皮膚を後ろ方向へと引っ張ることで、部分的なたるみ解消の耐えに、シワが伸びます。部分的のたるみは、だいたいこれで解消を出来るので、コンパクトなリフトの美容整形術でもあります。切開はフルでやるよりも、かなり小さいです。

リフト手術後のひきつれ

ミニリフトの美容整形をするとしたら、皮膚を引っ張り上げることで、ひきつれの症状が生じることもあります。これは代表的なデメリットであり、余りにもひどいと、修正の手術を検討する可能性も出てきます。処置は皮膚だけなのか、それともSMAS筋膜までの範囲の処置なのかで、施術の内容も金額も変わってきます。傷跡は古フェイスリフトよりは小さいもので済みますが、手術に失敗をしてしまうと、ひきつれを強く感じることがあります。

リフト手術をしても効果が無い

ミニリフトの美容整形で効果が無いというのは、ミニのリフトアップでは対処できないほど、顔の皮膚のたるみが重症化している可能性があります。部分的なたるみを改善するには、ミニのリフトアップ術は適しています。フルフェイスリフトで全体を引き上げなくても、部分的なので傷が最小限です。ですが、部分的の引き上げでは足りなくて、全体を引き上げないといけないほどであれば、ミニという部分的な治療では間に合いません。

リフト整形を行う際の名医

ミニリフトは確かにコンパクトなリフトの美容整形ですが、名医の腕に任せてのリフトの手術を行う必要があります。日本人は特有の骨格がありますので、こうしたコンパクトなリフト手術は、日本人の骨格的にもマッチしています。顔の少しだけ目立つようになった、たるみやしわの悩みに対しては、古フェイスリフトで大きく切開をしないで、小さな切開で傷も最小で済む、ミニのリフトの美容整形が適している改善法です。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。