フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頚部リフトの失敗とは

シミやニキビ、たるみといった肌トラブルに悩まされる人は多くこれらの原因に紫外線や生活習慣の乱れ、加齢などが挙げられます。こうした悩みを解決するため美容、薬剤関係の企業は化粧水やサプリメントを開発しテレビや雑誌などで宣伝します。現在では産業や科学技術の発達によりスキンケア製品でも高い効果を得られる商品も多く販売され、敏感肌や乾燥肌の体質の人も重宝されます。

しかしスキンケア製品の効果は地道なものであり、劇的な変化を望む人にとって物足りない、効果が実感できないという意見も存在します。こうした中で美容整形を考え、クリニックを初めとした医療機関に受診しに向かう人がいます。医療技術も進化した時代、レーザーやヒアルロン酸注射、ボトックスなど悩みの箇所に対応した手術が確立されてます。頚部リフトもその中の一つであり、シワやたるみといった顔の状態に困ってる人におすすめです。しかし頚部リフトはメスを使用して余分な皮膚を切開する手術であるため、医療機関や医師の選択を間違えると大きな失敗に繋がる可能性があります。

頚部リフトの失敗とは

たるみが改善されないほか、切除時の傷跡が残る失敗例も

首周りのシワやたるみが目立ち、実年齢より老けて見えて困ってる人に頚部リフトは効果的な手術方法です。ヒアルロン酸注射も効能がある方法ですが、この場合人によって症状が改善された実感が得られない意見もあります。直接余分な皮膚を切除し、手術用の糸で顔を引き伸ばすため手術後の経過を待てば直ぐに小顔が実感できるメリットがあるのがこのリフト手術です。直接皮膚や筋膜に働きかけるので長期間シワやたるみの症状を解消できる反面、この手術には高度な技術を必要とするため経験の浅い医師の場合失敗やトラブルに見舞われる可能性は少なくありません。手術が上手くいかないとたるみが改善されないほか、切除時の傷跡が残る恐れが存在します。

また腫れやシミ、肌の突っ張りといった後遺症に悩まされるケースもあるので頚部リフトを考える際は医療機関や医師の選択は慎重に行いましょう。技術の高い研究会を行ってる、手術実績が豊富な医師を探すことがおすすめであり、手術や診察料が安い理由で選択すると後々後悔するので注意しましょう。

頚部リフトの失敗

頚部リフトの失敗で「腫れと内出血が強く出る」って本当?

腫れと内出血が強く出ることがあります。

頚部リフトの美容整形の手術を行ってから、2週間ほどは腫れと内出血が強く出ることになります。熱っぽさを感じますし、内出血も腫れもかなり強烈に出ますので、この時期には激しい運動はタブーです。ネックラインの悩み解消のために美容整形をしてから、手術をしたあとには、傷はしばらく赤みを持って目立ちやすくなります。早ければ1ヶ月ほどで引いていきますが、長いとおよそ6ヶ月間ほどの間は、赤みが出てしまいます。

首のリフトで効果が無い・たるみが取れない

頚部リフトは年齢の出やすいネックラインや、二重あごなどの悩みを解消するには、すごく合っている美容整形法です。でも効果が無い・たるみが取れないという感想が出てくるとしましたら、それは手術が未熟であったか、完璧を追い求めすぎたかなどの理由が考えられます。確かにネックラインのたるみのリセットには良いですが、首から完璧にしわやたるみが、消しゴムで消したかのように消えることはないからです。

ネックラインの整形で傷跡が目立つ

頚部リフトの美容整形をして傷跡が目立つのは、切開をする位置がまずかったとか、縫い合わせが雑であったなど、技術力の問題も浮上をしてきます。顔の耳の付け根あたりから、毛髪の生え際に沿って、医療用のメスを入れて皮膚の切開手術を行います。皮膚を引き上げてから、余計な余った分の皮膚は切除をして、そして縫い合わせるのが流れ出あります。この時の位置と、そして縫い合わせが丁寧な処置でなければなりません。

名医が行う頚部のリフトアップ美容整形

名医が行う頚部リフトによって、顔の二重あごの悩みも、首のたるみやシワなどの悩みも、一気になくしていきましょう。ネックラインの肌悩み解消のリフトアップは、全身麻酔ではなく局所麻酔で行いますので、全身麻酔への不安もありません。ネックラインのための整形をして、数ヶ月しての完成形では、首元の皮膚にはハリが蘇ることになします。ネックラインにハリが戻るために、首元が開いている洋服にも自信が持てます。

そのため、当相談所では、失敗しないための名医のご紹介を行っております。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。