顔(頬)のヒアルロン酸の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

近年プチ整形のジャンルではマイナーになりつつある顔のヒアルロン酸施術ですがヒアルロン酸自体に害はなくてもいくつか失敗例が出てきているようです。

ヒアルロン酸はアレルギー反応もほぼなく無害で安全な成分と言われています。なのに施術が失敗してしまうのはなぜでしょう。顔のヒアルロン酸を使用した施術内容の殆どは適切な箇所へ注射器などの医療器具で適量を注入することになります。

注入することで形を整えたりボリュームなどの調整を行うのですが、失敗例の内容が「自然に仕上がらなかった・思った仕上がりにならなかった」といったものが殆どのようです。

注入する部分は涙袋を大きくする・豊胸など基本的に左右対称の部分が多く、また鼻筋を高くする・しわやほうれいせんを薄くするなど自然な高さやボリュームの仕上がりを求められる治療箇所もあり、ただ闇雲に注入をすれば解決するものでもありません。

適切・適量の施術が重要になってくるようです。

ここでは顔のヒアルロン酸の修正についてご説明します。

顔(頬)のヒアルロン酸の失敗とは?

上手な医師・クリニックの特徴

顔・頬のヒアルロン酸注入は、万が一失敗してしまったとしても修正する事は可能です。ヒアルロン酸を溶かす薬剤を施術部位に注入して、元の状態へと戻します。戻した後、再度ヒアルロン酸を注入して整える事も可能です。

修正治療の方法もあるので、もしもの時も安心ですがやはり出来るだけ失敗やトラブルのリスクは避けたいものです。

特に顔といった目立つ部分に施術を行う場合は、ヒアルロン酸注入の上手な医師を選ぶ必要があると言えるでしょう。

ヒアルロン酸注入が上手な医師は注入系全般を得意としているケースが多いようです。

注入する位置や量を的確に判断して、注入し過ぎた事による皮膚のデコボコやみみず腫れのような症状を予防します。

もちろん、的確な施術を行う事によって患者1人1人違う、理想の顔に整えてくれます。

患者が希望する顔に近づけるために必要なカウンセリングも、充実しているかどうかという点も、良い医師かを判断できるポイントです。

カウンセリングに時間をかけて患者の要望をしっかり聞き取ってくれる医師であれば、患者がイメージする仕上がりを把握しやすく結果、より良い仕上がりを得られると言われています。

このようなポイントを抑えて、上手な医師を探しましょう。

 

結果的に失敗例に終わってしまうケース

美しく仕上がっても施術中の様々なトラブルもあるようです。

顔のヒアルロン酸を注入した後、注射の跡が消えない・違和感や痛みが続くなど形は整っていても気になってしまい生活に支障が出てしまう場合や施術に怖い思いをしてトラウマになってしまい治療が続けられないなど結果的に失敗に終わってしまうケースもあります。

ヒアルロン酸は人体にも害がなく自然に吸収する特性がある成分です。体・顔のヒアルロン酸の吸収率は個人差が激しい為、痛い思いや辛い思いをしても予想以上に早く元通りになってしまう場合もあります。

これは体質もかかわってくる為、症状が出た方は再診を受けて医師とよく相談をするか評判の良いクリニックに変更するかなどの対策が必要なようです。

個人差がありデリケートな人体に施術する為、後日どのような症状が出て困る事があっても親切に対応してくれるようなクリニックを見つけて施術を受けることが成功へのポイントなのかもしれません。

受けなきゃよかった?顔・頬のヒアルロン酸に失敗、感染。原因は?

感染症にかかるリスクもある。

顔・頬のヒアルロン酸の治療を受けることで、肌が感染症にかかるようなこともあります。感染症は、内服薬や抗生剤の投与でケアをすることが可能であるため、治療後い保障をしてくれるようなクリニックを選ぶとよいです。症状がひどくなると、化膿した状態になり、メスなどによる治療をしなければならないため、皮膚に異常が見られた場合には、すぐに医師に相談することが重要になっているため、注意する必要があります。

しこり・石灰化が生じることもある

顔・頬のヒアルロン酸の治療を受けることで、過剰に皮膚の中に注入されたヒアルロン酸がしこり・石灰化されることもあります。治療にあまり慣れていないような医師が行うと生じることがあるため、口コミなどの評判が良い医師を探して治療をすることをおすすめします。しこりなどのリスクがない治療を行いたい場合には、他の治療をすることもよく、いろいろなことを医師と話しておくことが大切になっています。

吸収される・持続効果が短い

顔・頬のヒアルロン酸のデメリットの一つには、「吸収される・持続効果が短い」というものがあります。ヒアルロン酸は、ある程度の時間がたつと、体内の中に吸収されていき、治療の効果が徐々に薄れていってしまうため、治療効果をキープするためには、定期的に治療を続けなければなりません。

長いものであっても、1年程度しか治療による持続効果が得られないため、しっかりと治療内容を考えてから治療をする必要があります。

顔のヒアルロン酸の失敗

顔のヒアルロン酸の修正での注意点

顔のヒアルロン酸の修正での注意点として、追加でするのか、溶かしてからかを決める必要があります。

顔のヒアルロン酸を注入して、注入過多や凸凹を気にして修正をする時には、最初に入っているヒアルロン酸を分解する注射をします。ヒアルロン酸は分解ができますので、その注射というのが分解の注入になります。

ただ注入をすると言っても、顔のパーツにですので、ほんの少しです。ですから溶かす必要がある場合は、すぐにヒアルロン酸をいれることはできません。

分解注射を注入してから、分解には少し時間がかかります。早い分解の効果が実感できる人であれば、1日程の時間で分解されることになります。

目元にヒアルロン酸を入れた場合には、分解によって少し目が重く熱っぽく感じることもあります。

不快な症状は数日で消えますので、あまり心配をする必要はないでしょう。完全にヒアルロン酸を消し去るためには、場合によっては分解成分の注入を2回以上する必要があるケースもあります。

顔のヒアルロン酸の修正

 

 

名医をしっかりと探すこと

顔・頬のヒアルロン酸の治療は、顔のしわなどをケアでき、肌を若返らせることが可能になっています。注射だけで行うことが可能であり、気軽に行える治療なので、人気が高くなっていますが、治療を行うことでリスクもあるため、注意することが必要です。

ヒアルロン酸の注入方法によっては、しこりが肌にできることもあるため、名医をしっかりと探して、しこりができないように考慮しながら治療をしてもらうことが重要になっています。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

顔・頬のヒアルロン酸注入はメスを使わず、手軽に見た目を変えられるとして人気です。

しかし、未熟な医師が施術を行った場合、思わぬトラブルが起こったり失敗して、満足の行く仕上がりを得られません。

メスを使わないプチ整形だから、どこのクリニックで施術を受けても効果は一緒と考えてしまいがちですが、クリニック次第で大きく変わってしまいます。

場合によっては修正治療を余儀なくされ、さらに金銭的な負担もかかってしまうケースもあるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

ただ、何か所もある美容外科クリニック、どこが顔・頬のヒアルロン酸注入が得意なのか、判断するのは難しいと思います。

比較するにしても色々なポイントをチェックしなければならず、時間や手間暇もかかってしまいます。

もし、顔・頬のヒアルロン酸注入を受けたいと考えていて、クリニック選びに悩んでいる方がいたら、当相談所にご相談ください。

顔・頬のヒアルロン酸注入はもちろん、注入系のプチ整形全般を得意とする医師がいる、おすすめのクリニックをご紹介する事ができます。

名医と言われる医師が施術を行うクリニックですので、安心して受けられるでしょう。

まずは、ご気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。