フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

顔(頬)のヒアルロン酸の失敗とは?

近年プチ整形のジャンルではマイナーになりつつある顔のヒアルロン酸施術ですがヒアルロン酸自体に害はなくてもいくつか失敗例が出てきているようです。ヒアルロン酸はアレルギー反応もほぼなく無害で安全な成分と言われています。なのに施術が失敗してしまうのはなぜでしょう。顔のヒアルロン酸を使用した施術内容の殆どは適切な箇所へ注射器などの医療器具で適量を注入することになります。

注入することで形を整えたりボリュームなどの調整を行うのですが、失敗例の内容が「自然に仕上がらなかった・思った仕上がりにならなかった」といったものが殆どのようです。注入する部分は涙袋を大きくする・豊胸など基本的に左右対称の部分が多く、また鼻筋を高くする・しわやほうれいせんを薄くするなど自然な高さやボリュームの仕上がりを求められる治療箇所もあり、ただ闇雲に注入をすれば解決するものでもありません。適切・適量の施術が重要になってくるようです。

顔(頬)のヒアルロン酸の失敗とは?

結果的に失敗例に終わってしまうケース

美しく仕上がっても施術中の様々なトラブルもあるようです。
顔のヒアルロン酸を注入した後、注射の跡が消えない・違和感や痛みが続くなど形は整っていても気になってしまい生活に支障が出てしまう場合や施術に怖い思いをしてトラウマになってしまい治療が続けられないなど結果的に失敗に終わってしまうケースもあります。

ヒアルロン酸は人体にも害がなく自然に吸収する特性がある成分です。体・顔のヒアルロン酸の吸収率は個人差が激しい為、痛い思いや辛い思いをしても予想以上に早く元通りになってしまう場合もあります。これは体質もかかわってくる為、症状が出た方は再診を受けて医師とよく相談をするか評判の良いクリニックに変更するかなどの対策が必要なようです。
個人差がありデリケートな人体に施術する為、後日どのような症状が出て困る事があっても親切に対応してくれるようなクリニックを見つけて施術を受けることが成功へのポイントなのかもしれません。

受けなきゃよかった?顔・頬のヒアルロン酸に失敗、感染。原因は?

感染症にかかるリスクもある。

顔・頬のヒアルロン酸の治療を受けることで、肌が感染症にかかるようなこともあります。感染症は、内服薬や抗生剤の投与でケアをすることが可能であるため、治療後い保障をしてくれるようなクリニックを選ぶとよいです。症状がひどくなると、化膿した状態になり、メスなどによる治療をしなければならないため、皮膚に異常が見られた場合には、すぐに医師に相談することが重要になっているため、注意する必要があります。

しこり・石灰化が生じることもある

顔・頬のヒアルロン酸の治療を受けることで、過剰に皮膚の中に注入されたヒアルロン酸がしこり・石灰化されることもあります。治療にあまり慣れていないような医師が行うと生じることがあるため、口コミなどの評判が良い医師を探して治療をすることをおすすめします。しこりなどのリスクがない治療を行いたい場合には、他の治療をすることもよく、いろいろなことを医師と話しておくことが大切になっています。

吸収される・持続効果が短い

顔・頬のヒアルロン酸のデメリットの一つには、「吸収される・持続効果が短い」というものがあります。ヒアルロン酸は、ある程度の時間がたつと、体内の中に吸収されていき、治療の効果が徐々に薄れていってしまうため、治療効果をキープするためには、定期的に治療を続けなければなりません。長いものであっても、1年程度しか治療による持続効果が得られないため、しっかりと治療内容を考えてから治療をする必要があります。

顔のヒアルロン酸の失敗

名医をしっかりと探すこと

顔・頬のヒアルロン酸の治療は、顔のしわなどをケアでき、肌を若返らせることが可能になっています。注射だけで行うことが可能であり、気軽に行える治療なので、人気が高くなっていますが、治療を行うことでリスクもあるため、注意することが必要です。ヒアルロン酸の注入方法によっては、しこりが肌にできることもあるため、名医をしっかりと探して、しこりができないように考慮しながら治療をしてもらうことが重要になっています。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。