フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ハッピーリフトに失敗したらどうなるか知ってた?

ハッピーリフトは、特殊な構造の溶ける糸を埋め込むことによって、年齢によるたるみなどを解消する施術です。棘のような切込みが皮下脂肪に絡みついて、たるみやほうれい線が気になる肌をしっかりと持ち上げてリフトアップさせてくれます。この糸は溶けてなくなりますが、糸の刺激が肌内部でコラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促すため、ハリや弾力が増して肌を内側から若返えらせてくれます。つまり、糸で持ち上げるリフトアップ効果だけでなく、肌質そのものを改善してくれるので、ダブルでアンチエイジング効果が期待できるというわけです。

しかも、ハッピーリフトは、メスは一切使用せずに治療できるため、傷が残る心配もありませんし、身体への負担も少ないため、腫れや内出血のリスクも少ないのでダウンタイムも短くて済みます。このように、ハッピーリフトは、たるみが気になる肌を若返らせてくれる施術なのですが、失敗が全くないわけではありません。もし失敗したらどうなるのかを、あらかじめ把握しておくことはとても重要です。

ハッピーリフトに失敗したらどうなるか知ってた?

失敗例を説明

ハッピーリフトは、メスを使用しないので、安全性が高くてリスクの少ない施術です。しかし、失敗するケースもいくつか存在します。まず、糸を固定した部分が膨らんで目立ってしまうということがありますし、糸を埋め込むことで引きつれ感や異物感などを感じてしまう人もいます。

また、左右の糸の挿入部位や引き上げる強さなどに違いがあるとずれが生じて左右差が出来ることもあります。そして、皮膚が薄い人や色が白い人が施術を受けた場合は、挿入した糸が透けてしまうというケースもみられます。また、時には糸の引き揚げ方が悪くて耳が変形してしまうというケースもみられます。

これらの失敗が引き起こされる原因の多くは、担当する医師の技術力によるものです。医師がどんな施術を行ったかで、同じ治療でも結果が大きく違います。そのため、ハッピーリフトの施術を受けるうえで大切なのは、専門知識が豊富で、手術経験の多く、確かな技術力のある名医をさがすことです。

ハッピーリフトの失敗

ハッピーリフトの失敗によって、糸が透けて見える事はある?

治療で埋め込んだ糸が透けて見えることがあります。

ハッピーリフトの失敗例としては糸が透けて見えるということもあげられます。治療糸が透けて見えるということは美容医療を利用したことがすぐにわかってしまいますし、見た目も不自然となりますので、せっかく治療を受けたにもかかわらず新たな悩みが発生してしまうことにつながります。こうしたトラブルは皮膚が薄い人や肌の白い人に起こりやすく、場合によっては治療をやり直しが必要となることもあります。

治療の効果が持続しない

フェイスリフトにも様々な方法がありますが、最近は肌を切らずに行える特殊な糸を埋め込む治療も人気で、ハッピーリフトもそのひとつです。こちらは溶けるタイプの糸を埋め込むことで、リフトアップ効果を期待できますが、人によっては効果が持続しないということもあげられます。糸が溶ける早さには個人差もありますし埋め込む位置や深さが適正でないとせっかく治療を受けても長く効果が持続しないということもあります。

ひきつれ・笑顔が不自然になってしまう

ハッピーリフトは肌を効果的にリフトアップさせることはもちろん、ただたるみを摂るだけではなく表情も自然な仕上がりになることも大切です。治療の失敗例としてはひきつれ・笑顔が不自然になるということもあげられます。ひきつれ・笑顔が不自然になる原因としては医師の技術力が不足している、美的センスが劣っているなどが原因としてあげられます。そして皮膚が薄いタイプの人もひきつれなどの症状が出やすいとされています。

名医と呼ばれる医師に担当してもらう

ハッピーリフトはメスを使わないこともあり比較的簡単な治療というイメージもありますが、効果的に肌を引き上げ、自然な仕上がりにするためには高い技術力豊富な知識が必要です。それゆえ、治療を受ける際はできるだけ名医と呼ばれる医師に担当してもらうことが大事です。美容医療は実に多くの種類があり、それぞれ得意としている分野は違いますので糸を埋め込む治療の名医であるか、実績が豊富であるかはよく確認しておきましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。