フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ハムラ法を失敗すると?

ハムラ法は目の下のたるみを解消する整形手術です。膨らみと凹みを両方解消できる手術ですが、失敗してしまうと次のような状態になってしまう恐れがあります。

1つ目は、下まぶたがあっかんべーをした時のように、下に引っ張られた状態になってしまうことです。
目の下の皮膚を切って縫い合わせるため、傷口の皮膚が引っ張り合わさる状態になります。皮膚を切りすぎてしまったり、傷口が硬くなるときに皮膚が下に引っ張られてしまうと、あっかんべーをしたときのような状態(外反)になるリスクがあります。
これは3ヶ月ほどで自然に改善していきますが、稀に元に戻らないこともあり、こうなると皮膚移植などの大掛かりな修正手術が必要になります。

2つ目は、涙袋が余計に目立ってしまうことがあります。
ハムラ法によって目の下の脂肪がなくなったことや、引っ張り上げたときにハリが出て涙袋になってしまうことがあります。
涙袋の形が変わることはプラスに感じられるケースが多いですが、たまに気になる場合もあります。

ハムラ法を失敗すると

失敗例で怖いのは神経麻痺や視覚異常+α

ハムラ法の失敗で怖いのは、神経麻痺や視覚異常が起きてしまうことです。見た目の失敗よりも怖いので、よく確認しておくことが大切です。神経麻痺は滅多にありませんが、脂肪を下に移動させすぎてしまうと、神経が傷ついて麻痺してしまうことがあります。この場合、上唇の感覚が鈍くなったり、逆に過敏になってしまうことがあります。

他には、ものが二重に見えてしまうことがあります。ハムラ法で目の動きを司る神経を触ったり、脂肪を引っ張りすぎて神経を圧迫してしまうと、ものが二重に見えることがあります。これも稀ですが、注意が必要です。

目の下の傷は回復が早いので2〜3ヶ月もすれば気にならなくなるケースが多いですが、完全に傷がなくなるわけではないので、人によっては気になる場合もあります。

見た目もですが神経麻痺や視覚異常は生活に支障を生じさせてしまうので、リスクが低いとは言っても十分気をつけることが大切です。安全なクリニック選びのためには、美容外科の相談所などでアドバイスを受けると良いでしょう。

ハムラ法の失敗

ハムラ法の失敗例として見られる傷跡が目立つ状態とは?

傷跡が目立つこともあるのがハムラ法のデメリットになります。

ハムラ法は、傷跡が目立つこともあります。メスでクマやたるみの原因になっている皮膚を切り取ってから、縫合をしていくような治療法になっていて、皮膚の切り方や縫合の仕方によっては、かなり傷跡が目立つようなこともあるため、注意が必要です。傷跡をきれいに仕上げてもらうには、口コミなどで仕上がりをきれいにしてくれる医師を探し出すことが重要であり、いろいろな情報を見比べておくことが大切になっています。

クマ・たるみが解消しないこともある

ハムラ法は、クマ・たるみが解消しないこともあります。治療を行う症状によって、効果が全くないこともあり、肌などの状態を正しく見極めてもらうことが重要です。多くの人々の治療を施しているような医師に、治療効果があるかどうかを判断してもらうことが大切になっているため、医師の治療経験を調べることが大切になっています。また、他のクマやたるみの治療ができるところも探しておくことがよく、場合によって、違う治療をすることも必要です。

外反になることもある

ハムラ法を行うことで、目が常に「アッカンベー」をしたような状態になる外反になってしまうことがあります。かなりの部分の皮膚を切開してしまったことなどが理由になっているため、治療経験が浅い医師に治療をしてもらわないように注意する必要があります。口コミなどで、外反になってしまった人の情報を知ることで、治療をしてもらってはいけないような医師をチェックしておくことが重要であり、医師を比較する必要があります。

名医を探して治療をすること

ハムラ法は、目の下のクマやたるみを解消することができる治療内容になっています。メスで大幅に皮膚を切るなどの治療をするため、かなりの効果を期待できる治療になっていて、人気があります。しかし、メスを使用して、大幅に変えていくような方法なので、治療に関するリスクが多く、しっかりとした治療を受けることが可能な名医を探すことが重要になっています。インターネットなどで情報を探しやすくなっているため、いろいろ調べることが大切です。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。