ハムラ法を失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

ハムラ法は目の下のたるみを解消する整形手術です。膨らみと凹みを両方解消できる手術ですが、失敗してしまうと次のような状態になってしまう恐れがあります。

1つ目は、下まぶたがあっかんべーをした時のように、下に引っ張られた状態になってしまうことです。

目の下の皮膚を切って縫い合わせるため、傷口の皮膚が引っ張り合わさる状態になります。

皮膚を切りすぎてしまったり、傷口が硬くなるときに皮膚が下に引っ張られてしまうと、あっかんべーをしたときのような状態(外反)になるリスクがあります。

これは3ヶ月ほどで自然に改善していきますが、稀に元に戻らないこともあり、こうなると皮膚移植などの大掛かりな修正手術が必要になります。

2つ目は、涙袋が余計に目立ってしまうことがあります。

ハムラ法によって目の下の脂肪がなくなったことや、引っ張り上げたときにハリが出て涙袋になってしまうことがあります。

涙袋の形が変わることはプラスに感じられるケースが多いですが、たまに気になる場合もあります。

ここではハムラ法の修正についてご説明します。

ハムラ法の修正・失敗の症例から学びましょう。

ハムラ法を失敗すると

上手な医師・クリニックの特徴

ハムラ法は目元の美容整形の中でも、特に施術が難しいと言われています。

下まつ毛の際を切開し、そこから脂肪を取りだすという施術を行うため、切開や縫合の技術、そして適切に脂肪や余分な皮膚などを取り除くという技術も必要です。

技術不足の医師が施術を行った場合、失敗してしまい修正手術や治療を受けなければいけない事にもなりねません。ですので、ハムラ法を受ける際は、施術が上手な医師を見つける事が大切です。

ハムラ法が得意な医師かどうかを見分けるには、まず症例数を確認する必要があります。

多くの患者さんに施術を行っている医師であれば、経験も豊富で失敗やトラブルを起こすリスクも少ないでしょう。

ただ、中には症例数だけ多くて、さほど技術が無いという医師もいるようです。

症例数だけでなく、どのような施術を今まで行ってきたのか、実際の患者さんの写真などを見てチェックする必要もあります。

カウンセリングを受ければ、今までの症例写真を見せてくれるクリニックがほとんどです。カウンセリングを受ける事によって、医師やクリニック自体の雰囲気も分かります。

この他に他院で行ったハムラ法の修正手術・治療も率先して行っている医師は、技術力が高いと言えます。

失敗例で怖いのは神経麻痺や視覚異常+α

ハムラ法の失敗で怖いのは、神経麻痺や視覚異常が起きてしまうことです。見た目の失敗よりも怖いので、よく確認しておくことが大切です。神経麻痺は滅多にありませんが、脂肪を下に移動させすぎてしまうと、神経が傷ついて麻痺してしまうことがあります。この場合、上唇の感覚が鈍くなったり、逆に過敏になってしまうことがあります。

他には、ものが二重に見えてしまうことがあります。ハムラ法で目の動きを司る神経を触ったり、脂肪を引っ張りすぎて神経を圧迫してしまうと、ものが二重に見えることがあります。これも稀ですが、注意が必要です。

目の下の傷は回復が早いので2〜3ヶ月もすれば気にならなくなるケースが多いですが、完全に傷がなくなるわけではないので、人によっては気になる場合もあります。

見た目もですが神経麻痺や視覚異常は生活に支障を生じさせてしまうので、リスクが低いとは言っても十分気をつけることが大切です。安全なクリニック選びのためには、美容外科の相談所などでアドバイスを受けると良いでしょう。

ハムラ法の失敗

ハムラ法の失敗例として見られる傷跡が目立つ状態とは?

傷跡が目立つこともあるのがハムラ法のデメリットになります。

ハムラ法は、傷跡が目立つこともあります。メスでクマやたるみの原因になっている皮膚を切り取ってから、縫合をしていくような治療法になっていて、皮膚の切り方や縫合の仕方によっては、かなり傷跡が目立つようなこともあるため、注意が必要です。傷跡をきれいに仕上げてもらうには、口コミなどで仕上がりをきれいにしてくれる医師を探し出すことが重要であり、いろいろな情報を見比べておくことが大切になっています。

クマ・たるみが解消しないこともある

ハムラ法は、クマ・たるみが解消しないこともあります。治療を行う症状によって、効果が全くないこともあり、肌などの状態を正しく見極めてもらうことが重要です。多くの人々の治療を施しているような医師に、治療効果があるかどうかを判断してもらうことが大切になっているため、医師の治療経験を調べることが大切になっています。また、他のクマやたるみの治療ができるところも探しておくことがよく、場合によって、違う治療をすることも必要です。

外反になることもある

ハムラ法を行うことで、目が常に「アッカンベー」をしたような状態になる外反になってしまうことがあります。かなりの部分の皮膚を切開してしまったことなどが理由になっているため、治療経験が浅い医師に治療をしてもらわないように注意する必要があります。口コミなどで、外反になってしまった人の情報を知ることで、治療をしてもらってはいけないような医師をチェックしておくことが重要であり、医師を比較する必要があります。

修正手術が必要となる症例

目の下のたるみ治療に使われるハムラ法は、失敗してしまうとあっかんべーをした(外反)状態のままになってしまうことがあります。

皮膚が外反したままだとドライアイになったり、目がゴロゴロするなどの不快感を感じるようになります。

このようなハムラ法の修正は皮膚移植や骨膜固定などが適用されます。

ただ、失敗で多いのは皮膚切開をしたときの傷跡が目立ってしまうというケースや、目の輪郭を切開して縫合したために、実際のサイズよりも目が小さくなったり、目の形が変わってしまうようなケースです。

脂肪除去を行わずに移動させるのがハムラ法の特徴ですが、クリニックの技術力とセンス、カウンセリングの力が問われるので、慎重に選ぶ必要があります。

カウンセリングでイメージを伝えきれていないと「希望していた仕上がりと違ってしまった」ということもあります。

これは手術としては失敗ではありませんが、当人にとっては失敗と同じことになってしまいます。

ハムラ法の修正

ハムラ法の修正手術を考えている方へ

ハムラ法の修正は、状況によっては難しい技術を伴います。

特に皮膚を切りすぎてしまった場合には、戻すのが難しい場合が多いです。皮膚の切除を行う手術には少なからずこのようなリスクが伴います。

もし失敗してしまったら、まずは手術を受けたクリニックに相談してみましょう。「ハムラ法の修正手術を受けたい」と伝えればOKです。

単に一時的な腫れという場合もあります。その場合にはアフターケアを頼んだり、時間の経過とともに自然に治っていくケースが多いです。

また、本当に失敗してしまった場合は、クリニックによっては無料で治してもらえることもあります。

「手術を受けたクリニックは信用できない」「こちらの話を聞いてくれない」という場合には、他の修正を得意としているクリニックを紹介してもらうという方法があります。

ドクターの紹介、診察日の調整などこちらの相談所で行っておりますので、そこに連絡してみると良いでしょう。今度は失敗しないようにアドバイスしてもらうと安心できます。

名医を探して治療をすること

ハムラ法は、目の下のクマやたるみを解消することができる治療内容になっています。

メスで大幅に皮膚を切るなどの治療をするため、かなりの効果を期待できる治療になっていて、人気があります。

しかし、メスを使用して、大幅に変えていくような方法なので、治療に関するリスクが多く、しっかりとした治療を受けることが可能な名医を探すことが重要になっています。

こちらの相談所では過去の体験者の事例からデータを集計しておりますので、情報を探しやすくなっているため、いろいろ調べることが可能です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

目は顔の印象を大きく左右するパーツです。眼窩脂肪が下垂して、目の下がたるんでしまった場合、スキンケアやマッサージといったケアで、たるみを解消する事は出来ません。

眼窩脂肪を除去するハムラ法という美容整形が、このタイプのたるみ改善には有効です。

目元の若返り効果に優れたハムラ法ですが、難しい施術となるため医師選びを慎重に行わないと、失敗してしまうリスクが考えられます。

この美容整形を受ける場合は、医師選び・クリニック選びを慎重に行う事が大切です。

ハムラ法を得意とする医師を見つけるには、症例数の確認や症例写真をチェックしたり、実際にカウンセリングを受けてクリニックを比較する必要があります。

1か所だけでなく数か所のクリニックを比較して、より良いクリニックを見つけ出しましょう。

ただ、症例数などの情報を集めるには、かなりの時間・手間がかかります。

すぐにでも施術を受けたいと考えている方や、仕事が忙しく情報を集める暇が取れないという方も多いでしょう。

医師選び・クリニック選びが難航している方は、当相談所にご相談ください。

ハムラ法を得意とする名医がいる、当相談所おすすめのクリニックをご紹介いたしますので、ご気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。