フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

フェザーリフトで失敗しないためのポイント

フェザーリフトとはたるみやほうれい線を改善する方法です。たるみやほうれい線は一度出来てしまうとどんどん症状は進んでしまします。原因は主に加齢によるものなので不可抗力とも言え、特に女性にとってたるみやほうれい線は老化のイメージと直結していますので、これが改善することによって顔の印象は随分と違ってきます。

また施術についてですが時間も短いので体への負担も少ないと言えます。しかし時に失敗してしまうという事もありえますのでフェザーリフトを行い時には、失敗しないためのポイントを抑え施術に臨みましょう。まず知っておくことはフェザーリフトとは一体どのような施術なのかということです。これを知る事により頭でイメージできますので医師に事前に分からない点や疑問に思った点を聞く事が出来ます。良い施術を行うためには医師と患者の対話が最も大切なので、説明を一方的に聞くだけではなく自分からも積極的に質問していく姿勢が大切です。

フェザーリフトで失敗しないためのポイント

切らないというのがフェザーリフトの大きな特徴

フェザーリフトのポイントは糸です。切らないというのがフェザーリフトの大きな特徴なので、この糸が大きなカギを握っています。リフトアップの方法は大きく分けると二種類あり、一つは糸によってたるんでいる部分を引き上げる方法と、もう一つは糸を埋め込み引き締める方法になります。最近では溶ける糸を用いるクリニックが増えていてこの糸自体が今後のたるみを予防してくれます。切らないので施術後は仕事にもすぐに復帰でき、メイクをすることによって当日でもほとんど施術したことが分かりません。

しかし稀に内出血が起きるのでその点には注意しましょう。そして施術前と比べて効果が実感しにくい場合があり失敗したのではと疑心暗鬼になってしまうことも考えられますが、医師に納得のいく説明をしてもらうことによりこの悩みは解消します。いずれにしてもきちんと説明してくれる名医を探すことが成功への近道です。探したい時には当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

フェザーリフトの失敗

フェザーリフトで起こりえる失敗例、ひきつれ・笑顔が不自然なんてあるの?

「ひきつれ・笑顔が不自然」になるリスクがあります。

フェザーリフトで起こりうるリスクとしては、「ひきつれ・笑顔が不自然」といった症状も挙げられます。
この美容整形は糸を皮膚の中に埋め込み、リフトアップするのが特徴です。
糸を挿入する位置が正しくない、糸の引き上げがコントロールできていないという場合、皮膚にひきつれが起きたり、表情が作り難くなり笑顔が不自然に見えるようになります。
このような状態になると、美容整形を受けた事が周囲にバレやすくなるでしょう。

「効果が持続しない」リスク

フェザーリフトは皮膚を切開せず、リフトアップできる美容整形として人気です。
特殊な糸を皮膚に下に埋め込み、引き上げる事でリフトアップ効果を発揮します。
技術力の高い医師が施術を行えば、メスを使う美容整形級にリフトアップ効果を得られますが、未熟な医師が施術を行った場合、挿入した糸をコントロールできずにリフトアップ効果が持続しないという、リスクがあるのでこの点は考慮しなければいけないリスクです。

「糸が透けて見える」リスク

フェザーリフトでは「糸が透けて見える」リスクもあります。
糸を皮膚の浅い部分に挿入してしまうと、入れた糸が皮膚を透けて見えてしまうのです。
かなり不自然な見た目になってしまうので、皮膚の中に何か挿入する美容整形を受けたのだと、すぐに知られてしまいます。
また、皮膚が糸ででこぼこと波を打ったように見える症状も起こります。
このような状態になってしまうと、修正治療を受けない限り、解消する事は出来ません。

施術を受けるなら名医を探す事がおすすめ

フェザーリフトは皮膚を切らないフェイスリフトという事もあり、失敗やリスクは無いと思われがちです。
ですが実際は効果が無かったり、皮膚がひきつれる、笑顔が不自然になる、糸が透けて見えるなどの症状が起こる可能性があります。
このようなリスクを最小限にするには、名医と言われる医師を探す事がおすすめです。
当相談所ではおすすめの名医・美容外科クリニックをご紹介しています。
ご気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。