フェイスリフトの失敗と修正を体験談から5つ以上まとめてみた

鏡を見てはシワやたるみに、ため息をついている方も多いのではないでしょうか。
ほうれい線などの深いシワや、フェイスラインなどのたるみによって、実際の年齢よりも老けて見られてしまいがちです。
老けて見られる事によって、気持ちまで老け込んでしまう方もいます。

年齢を重ねても若々しくありたいという方に、おすすめなのがフェイスリフトによるアンチエイジングです。
フェイスリフトは美容整形の1つで、皮膚をキュッと上へ持ち上げる事でリフトアップ効果を得られます。
皮膚を切開したあと、たるんでしまっている部分を除去し、縫合する事でたるみを解消できるのです。

グッと肌がリフトアップできる事から、10歳以上も若返るとも言われている、とてもアンチエイジング効果が高い美容整形とも言われています。
スキンケアやマッサージ、エステでのケアでも解消出来ないシワやたるみは、フェイスリフトで消す事も可能です。

修正手術は厄介だぞ

女性が若く美しい自分で居続けるためには、顔の若さと美しさを保つ事が一番に重要です。

実際、多くの女性が洗顔や肌のお手入れを念入りに行う等、地道な努力を続けています。

ただし人間は着実に老いて行く生き物であるため、地道な努力で老いるまでの時間を先延ばしに出来ても、避ける事は不可能です。段々と顔にたるみや皺が目立ち始めたり、フェイスラインが崩れてしまいます。

顔の老いが顕著になった場合には、美容外科に行き、整形手術を受ける事で若返り効果を得る事が可能です。

フェイスリフトも、顔の若返り効果が得られる手術として知られており、現在では多くの女性が受けています。

ただし手術である以上、失敗してしまう危険性も存在するので、その点には十分注意する必要があるのです。

特に料金が安いといった安易な理由で美容外科を選んでしまうと、技術力の低い医師が執刀し、手術が失敗する恐れがあります。

フェイスリフトの手術に失敗すると、修正する必要性が生じるので、身体に余計な負担が掛かる等、実に厄介です。

上手な医師・クリニックの特徴

フェイスリフトは、腕のある医師が手術を行うことで高い効果が期待できます。具体的には、若返りやしわの改善、たるみの改善などがあげられます。

手術の上手な医師の特徴は、カウンセリングを丁寧に行っている点です。希望の状態に導くための方法を親身になって相談にのってくれるところが良いでしょう。

また、症例数が多く、経験が豊かであることも参考になります。

さらに、ダウンタイムの過ごし方やアフターケアについて丁寧なケアがあるところを選びましょう。

仕上がりを良くするため、トリートメント剤や薬の処方を行っているところもあり、安心して手術を受けられる要素の一つとなります。

また、切開をした場合には、縫合を丁寧に行っているかどうかという点も上手な医師の特徴と言えるでしょう。

傷跡が残らず、効果が持続する期待がもてます。縫合する糸は、極細糸を使用している場合、失敗のリスクを減らすことができます。

形成外科認定医が習得している技術ですので、認定医であるかどうかを確かめてみましょう。

さらに、感染症などをひきおこさないようにクリニック自体が衛生面に力を入れているところを選びましょう。

更に、費用の相場を調べ、明確に提示をしているかをチェックしましょう。

フェイスリフトの修正

失敗について

フェイスリフトの失敗として最も多く挙げられるのが、効果の持続の短さや効果を感じない、過激な引き上げによる仕上がりの不自然さがあります。

この手術を受ける方の多くが頬骨の部分から斜め上に引き上げた仕上がりを望んでいると考えられます。

しかし皮膚の表面を引き上げることと、フェイスリフトで引き上げることは大きな違いがあり、理想的になるためにと勘違いをして引き上げすぎると表情や見た目の印象を大きく変えてしまい不自然に見えてしまいます。

このようにこの手術はあまり手を加えないと効果が実感できなかったり全く効果が出ない場合もあり、逆に手を加えすぎると不自然に見える可能性が高い難しい手術です。

失敗を防ぐためにはできるだけ事前に下調べをすることをおすすめします。例えば大手のクリニックや実績がある医師ならホームページに今までの手術内容を写真付きで掲載していることが多いです。

そこで手術前、経過途中、手術後で問題がないか確認しておきましょう。

フェイスリフトで失敗したくないなら

フェイスリフト手術の失敗例、耳の変形

続いてフェイスリフト手術の失敗で挙げられるのが、耳の変形です。これはフェイスリフトの手術のなかでSMASリストが主流であり、単に引き上げるだけでなくしっかりと顔を持ち上げる効果があります。しかしその一方で耳が変形しやすいというデメリットがあるので、もしも少しでも異変を感じたらすぐに手術をしたクリニックに行くようにしましょう。

フェイスリフトの失敗としてよくある?ひきつれ状態とは

引き上げの美容整形と引きつれについて。

フェイスリフトのリスクとして、ひきつれは避けられないことでしょう。完全に誰にでも起こることではありませんが、このひきつれは特に、糸で引き上げる美容整形治療に多く見られることです。

糸は切開法とは違い、傷跡も目立ちにくこともあって、美容クリニックに行ったら、そのまま美容整形ができると煽られて、本人の気持ちも固まらないまま契約をさせられて、受けて失敗をするパターンがあるので、要注意です。

引き上げの美容整形で効果が無い

フェイスリフトの美容整形を受けたにも関わらず、効果が無いというのであれば、それは問題です。効果がない原因としては、糸で引き上げる方法の場合は、糸の挿入位置が正しくはないということが考えられます。糸は簡単と思われがちですが、実はとてもトラブルは多いです。

メスを使う切開では、皮膚を切って引き上げる方法をするにあたり、皮膚をもっと切る必要があったり、引き上げ方が足りないことも考えられることです。

切開した毛髪内がハゲる

フェイスリフトの美容整形手術を思い切って行ったとしても、切開した毛髪内がハゲるというリスクもあります。特に切るのは耳よりもポジションが上の傷というのは要注意であり、これは毛根への大きな負担となるために、切開をしたことで髪の毛は消えてしまうことがあります。

もはや禿げてしまったら自然の再生は困難になってきますので、髪の毛をハゲた部分に求めるならば、今度は移植を行うという美容整形をすることになります。

その他の失敗例

また失敗の頻度としては少ないですが、切除の違いやフェイスリストの方向のズレ、SMASの固定の違いによって術後に左右差を生じることがあります。

さらに耳の前を切開して引き上げる場合にしっかりと耳の形状に合わせて細かくデザインをしてもらいましょう。

時間短縮のためにカウンセリングをきちんと行わないと直線上に切開をしただけの手術になり、傷の跡が目立つ場合があります。

このようにフェイスリストの手術は切開をして引き上げるため失敗のリスクがあることを理解して、カウンセリングではしっかりと自分の要望を伝えるようにしましょう。

フェイスリフトの失敗

顔のたるみ治療におすすめなのは

顔のたるみなどにおすすめな美容整形は、やはりフェイスリフトの美容整形による手術です。

昔のようにたるみに対して、すぐに切るという印象があるでしょうが、今は糸で引き上げることもできます。

糸はダウンタイムもそれほどなく、翌日から会社にも行くことができます。

本格的に引き上げるのであれば、しっかりと切開をして引き上げる、本格リフトの美容整形法での対処で、確実に引き上げの効果が手に入ることになります。

もちろん、その場合、技術が高い名医を選ばなければ上述した様な失敗例が起こり得ます。それも高確率で。
そのため、当相談所では、失敗確率を病院ごとに算出し、失敗回避のためのアドバイスを行っています。

このような失敗もある事を考慮して、東京でフェイスリフトを受ける時は評判の良いクリニックを選びましょう。

ご相談はお気軽にどうぞ。

名医の元で手術をしよう

フェイスリフトの手術に失敗する理由としては、必要以上に皮膚を引っ張り上げてしまうケースが多かったりします。

そもそもフェイスリフトは、余分な皮膚を切除した上で縫合する事で、顔全体を引っ張り上げるという施術です。

垂れ下がった皮膚を除去出来るので、たるみや皺、フェイスラインの崩れを改善し、顔を若返らせる事が出来ます。

ですが必要以上に皮膚を引っ張り上げると、顔全体が突っ張った状態になり、表情や顔付き自体がおかしくなってしまうのです。

酷い場合だと、耳が前方に引っ張られる様な状態になって聴力にまで悪影響が出たり、顔面の神経が麻痺してしまう恐れがあります。

だからこそこの手術を受ける際に一番に重要なのは、失敗しない様に経験が豊富で技術力がしっかりした名医を、選び出す様にする事です。

ですが万が一、医師選びに失敗した挙句、フェイスリフトの手術にも失敗した際には、出来るだけ早く修正する必要があります。

その際、名医の元で修正手術を受ける事で、縫合部分を調整する等して、改善する事が可能です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

フェイスリフトの手術を希望する場合、おすすめのクリニックは、過去の症例数や口コミを参考にしましょう。フェイスリフトをした後で、ひきつれを起こしていないかどうかをチェックするのも良いでしょう。

皮膚で引き上げるタイプの手術は、引き連れが生じてしまう場合がありますので、注意が必要です。

また、フェイスリフトの手術中い神経を損傷されてしまう失敗を起こしていない術例が多いクリニックがおすすめです。

ダウンタイムが短いという点だけでは、おすすめのクリニックとはならないため、術前のカウンセリング、手術、アフターケア、効果の持続期間、費用、院内の環境などをトータルで調べることをおすすめします。

フェイスリフトの手術は、リガメントやSMASまでを使用した場合、二週間はダウンタイムが必要とされています。内部処理を怠ると、ダウンタイムは短くなりますが、効果が弱くなる場合がありますので、気をつけましょう。

手術を受ける側の体質も、結果に関係する場合があります。

そのため、血液検査を行うところもあり、リスクを避けるための要素を導入しているところが安心です。

麻酔を使用して行う手術などは特に体質との相性などがポイントになりますので、一人一人にあった手術を行っているところがおすすめのクリニックです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。