フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ボトックス注入が失敗したらどうなる?

失敗例

美容外科では色々な美容整形が受けられます。
美容整形といってもメスを使う物だけでなく、最近はプチ整形といってメスを一切使用しない美容整形が人気です。
その中でも特に人気となっているのが、「ボトックス注入」です。
このプチ整形は表情じわの改善や、小顔効果を得られる点が特徴となっています。
筋肉の動きを抑制する、特殊な薬剤を注射器で注入する施術を行います。
皮膚を石器・縫合するといった施術を行わない為、体へのダメージが少なく、すぐに日常生活に戻れるダウンタイムの短さが魅力です。
ただ、プチ整形であっても人が施術を行うという以上、失敗のリスクはつきものです。
ボトックス注入は施術を受けてから、半年~1年程度で元の状態に戻るものの、気に入らない仕上がりのままでいるのは、かなり精神的にはダメージとなってしまうでしょう。
ですので、施術を受ける際は少しでも失敗のリスクを下げる為、技術や知識の高い医師を選ぶ事が大切です。

ボトックス注入が失敗したらどうなる?

表情筋が動きにくくなり表情が硬くなってしまう症状

ボトックス注入はメスを使わないプチ整形ですが、やはり失敗してしまうケースもあるので注意しましょう。
このプチ整形は筋肉の動きを弱める薬剤を、施術に使用します。
注入量を間違ってしまうと、表情筋が動きにくくなり、表情が硬くなってしまう症状が起こります。
また、注入する位置によっては、まぶたが上へと引き上がってしまうといった失敗もあるようです。
この他に、筋肉のバランスが崩れてしまう事で、頭痛が起こります。
プチ整形は皮膚を切開・縫合しないという事もあり、簡単な施術というイメージがありますが、医師の技術や知識、そしてセンスによって失敗してしまうリスクも高くなるのです。
ですので、施術を受ける際は医師選びを、慎重に行う必要があります。

ボトックス注入で起こる失敗例、持続効果が短い状態とは

持続効果が短いことについて。

ボトックス注入によるしわなどの治療は、持続効果が短い治療法とされています。半年から1年ほどの治療効果があるとされている治療法であり、他の治療法よりは短いタイプになっているため、何度も治療を続けていく必要があります。個人によっては、3か月ほどしか効果を感じられなかったという人もいるため、治療効果が長いものを選びたい場合には、いろいろなクリニックに無料のカウンセリングを依頼することも重要になっています。

安全性・副作用が強い材料がある

ボトックス注入で使われる薬品には、安全性・副作用が強い材料があるため、注意する必要があります。ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出された毒素を無毒化したものです。ボツリヌス菌が産生する毒素には7種類あり、その中には副作用が強すぎるものもあるため、治療を行う前に、医師にいろいろなことを確認することが大切になっています。注入する量などによっても作用が異なるため、名医に治療をしてもらうことも大切になっています。

表情が硬くなる・笑えなくなる

ボトックス注入の治療は、筋肉の働きを弱めるような治療法になっているため、表情が硬くなる・笑えなくなる症状が生じることもあります。ボトックスを注入しすぎることによって、表情筋などの働きを弱めすぎてしまい、「局所顔面神経麻痺」などになることもあるため、このような異常が少ないようなクリニックを見つけ出して治療を依頼していくことが大切になっています。また、アフターケアをしてくれるところも探す必要があります。

ボトックス注入の失敗

おすすめの治療法について

ボトックス注入は、注射だけで治療を行うことが可能であり、比較的気軽に行いやすい方法になっています。治療に関する費用も他のものよりも安いため、誰でも治療を行いやすくなっているので、おすすめの治療法になっています。顔などのいろいろなしわをなくす効果があり、コストパフォーマンスも比較的良いものになっているため、人気がある治療法の一つになっています。わきがなどの他の治療にも使われているものであるため、比較的安全な治療です。

ただ、ボトックス注入は多くのクリニックで受けられる、ポピュラーなプチ整形という事もあり、どこで施術を受けて良いか迷ってしまうという方も少なくありません。このような時は当相談所をご利用ください。丁寧な施術を行ってくれる、医師をご紹介しています。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。