フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

3Dリフトのリスク4つをまとめてみた

3Dリフトのリスクまとめ

3Dリフトに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、3Dリフトのリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

3Dリフトのリスク4つをまとめてみた

3Dリフトのリスク たるみが改善しない・効果が無い

3Dリフトのリスクとして代表的なものにたるみが改善しない・効果が無いが有ります。

3Dリフトでは皮膚を引っ張り上げるだけの手術で持続性が無い治療がしばしば行われております。

たるみが改善しなかったり、効果が無いと言われてしまうのは正確にSMASやリガメントを操作出来ない事に起因します。

よって短時間で行われてしまうフェイスリフトでは、十分にSMASやリガメント組織の内部処理が出来ないためにたるみが改善しない・効果が無いといったリスクが生じます。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

3Dリフトのリスク 感染

3Dリフトだけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は3Dリフトのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

3Dリフトの治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

3Dリフトのリスク ひきつれ

3Dリフトのリスクとして代表的なものにひきつれが有ります。

皮膚を引っ張り上げるだけの3Dリフト手術でひきつれを生じてしまう事があります。
正確にSMASやリガメントを操作出来ない事に起因します。

技術が低いクリニック・ドクターが集団提訴をされてしまったフェイスリフトもございますので注意して下さい。。

ひきつれを避けるためには技術が高いクリニック・ドクターを選択しなければなりません。

3Dリフトのリスク 効果・持続期間が短い

3Dリフトのリスクとして代表的なものに効果・持続期間が短いが有ります。

切るフェイスリフトと異なり、糸を使ったフェイスリフトでは効果期間が長くても5年程度となります。

効果・持続期間が短いと再手術・修正手術が必要となりますので、定期的なメンテナンスにも注意を払わなければなりません。

そのためかかりつけの技術が高いドクターを選択する事が最も大切です。

失敗したら修正できるのか?

デザインを考えて引っ張り上げないと、顔つきがきつい印象になってしまったり、耳周辺に不自然な引き攣れがあらわれることもあります。

慣れていない医師が行うと、全く変化が感じられない失敗もあるため、技術のある医師に施術をしてもらうことが必要です。

失敗しても修正が大変で、レントゲンにも写りませんし、糸を強制的に溶かすような成分もないため、溶けて吸収されるまで我慢するか、切開して取り除く方法しかなくなってしまいます。

まとめと名医の紹介

以上、3Dリフトにおける代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

顔のデザインを決めるときには、たるみ具合と引き上げる量に対して、本数や長さなどを決めていくことになるため、信頼できる医師に依頼すべきです。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。