フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

フェイスリフトとプチ整形の触感

若返り整形・フェイスリフトの触感

若返り、アンチエイジングの効果、仕上がりとして気になるのが触感です。若返り・アンチエイジングの整形はフェイスリフト、プチ整形の糸を使ったリフト、脂肪注入、ヒアルロン酸、レーザーなどの様々な方法がありますが触感が重要です。トラブルを回避するためには名医を選ぶ必要があります。

例えば、リフトアップでは、皮膚の薄い患者さんには、深い真皮に入れたり、ショッピングスレッドなどの細い糸を提案しますが、ミントリフトやアプトスなどの極太の糸だと肌の上から透けて見えてしまったり、トゲのギザギザ感が触るだけで分かってしまうということがあります。個人差のある皮膚の厚みを考慮せずに施術してしまうと失敗して島します。

カウンセリングの段階で十分に注意して、ドクターと相談する必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

若返り整形・フェイスリフトの触感 症例写真

若返り整形・フェイスリフトの触感 美容整形・手術・治療

若返り・アンチエイジングの整形では、技術が低いドクター・クリニックを選びますと失敗してしまうリスク・トラブルがございます。カウンセリングが5分で終了したり、アフターケアが杜撰なクリニックも多いです。

こういった失敗・修正・再手術を回避するために、よりリスクを回避した名医選びをご相談窓口で提案しております。
ご希望の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

若返り整形・フェイスリフトの触感 失敗・修正・再手術

若返り・アンチエイジングの美容整形はフェイスリフト、プチ整形の糸を使ったリフト、脂肪注入、PRP、ヒアルロン酸、レーザーなどが考えられます。触感の修正する手術としては、糸を使ったフェイスリフトであれば糸を取り除いたり、再度入れ直す事で修正する事が出来ます。その際、技術が高く丁寧なデザイン出来る名医を選択しなければなりません。

入れ替え・修正・再手術を防ぐために、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

若返り整形・フェイスリフトの触感 効果・仕上がり・アフターケア

若返り・アンチエイジングの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。
効果が無い、引きつれ、麻痺、傷跡などによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

若返り整形・フェイスリフトの触感 トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

若返り・アンチエイジングの整形にはトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。若返り・アンチエイジングの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどでお顔を隠す事をお薦めいたします。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

若返り整形・フェイスリフトの触感 部位・箇所

若返り・アンチエイジングの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。