エランセの料金相場、どのくらいかかる?

エランセとは、安全性の高い皮膚充填剤を注入することでしわやほうれい線の改善をしたりゴルゴラインやマリオネットラインを改善していくための注入剤です。

注入で一般的に使用されるのはヒアルロン酸ですが、体内にすぐに吸収されてしまうので持続効果が短いというのが難点でした。

エランセは、ヒアルロン酸よりも持続時間が長く、好みや持続時間によって1年、2年、3年、4年と四つのタイプから選ぶことができるようです。

注入されることでコラーゲンも生成されるので、より肌に弾力が出たりハリや艶が出るようになります。

エランセには、溶解注射のようなものは存在しないため、一度注入してしまうと体内に吸収されるまで形を元に戻したり修正することはできないので、そのくらいの持続時間にするかをよく検討した方が良いでしょう。

では、料金相場はどのくらいなのか気になるところです。
把握しておくと施術を受けるときに役立ちますので事前に知っておくことをおすすめします。

エランセの料金相場

エランセの料金相場は、10~20万前後

エランセとは、ポリカプロラクトンとカルボキシメチルロースというのが主成分の注入剤で、ヒアルロン酸よりも持続効果が長いのが特徴です。

ポリカプロラクトンは、スレッドリフトや縫合糸などにも使用される吸収性のある物質で、カルボキシメチルロースは食品や衣料品などでも使用されることのある水溶性物質で、欧米やアメリカでも認可を受けている安全性の高い素材です。

素材を注入するだけですので基本的にエランセにおけるダウンタイムはなく、施術を担当する医師の腕によっては腫れや内出血が生じることもありますがあまり問題ないでしょう。

エランセの料金相場は、10~20万前後となりますが持続時間が長くなればそれだけ費用も高くなると考えて良いでしょう。

また、カウンセリングや麻酔などについても別料金となることがありますので予算は多く見積もった方が望ましいでしょう。

デメリットとしては、体内に吸収されるまでは分解することができないので不自然な形は気に入らない形になっても戻すことができませんので、高いデザインセンスや経験が豊富な医師に施術を起こってもらうのが良いといえるでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。