セルリバイブ(W-PRP)の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

セルリバイブ(W-PRP)は、治療が難しいとされている目の周りの小じわやちりめんじわ、くぼみ、クマなどの改善やまぶたのへこみに最も最適な治療として確立しつつある施術方法で、年齢が出やすいほうれい線にも効果があるので最近では長期のお休みが取れる年末年始や夏季、GWに治療希望が集中する人気の若返り施術にもなってます。

そんな魅力的なセルリバイブ(W-PRP)ではあるものの、技術力が伴はない医師による施術を受けた場合は、注入量や注入する深さが浅かったり、深かったりといった違いによって皮膚の凹凸や凹みなどの失敗につながりやすいです。

例えばほうれい線を薄くするとった目的で施術を行った患者様が、術後にほうれい線の周りに飴玉程度のしこりが残り、数カ月たった今でも消えずにメガネやマスクをしないと恥ずかしくて外出できなといった事例もあります。

特に注入する際の形の微調節などがうまくできない技術が伴わない医師が目の下にセルリバイブ(W-PRP)を行った場合は、やはりしこりや凹凸が残りやすいのが特徴的です。

セルリバイブ(W-PRP)の修正、具体的には何が行われるの?など、こちらではセルリバイブ(W-PRP)の失敗例や修正についてご紹介致します。

セルリバイブ(W-PRP)の失敗ってどんな状態になっちゃうの?

上手な医師・クリニックの特徴

W-PRPを利用した美容再生医療は、それだけではなく他の治療法をプラスすることで、より高い効果を生み出すことが出来ます。セルリバイブ(W-PRP)は、遠心分離機を利用して行うことが出来る美容技術で、比較的導入コストが安く済むという特徴があります。

そのため、セルリバイブ(W-PRP)を取り入れている美容クリニックが多いのですが、コスパだけを目的に導入しているのではなく、より最新の美容医療技術を取り入れている医師の下で行うことが大切です。

こういった高い技術を持っているセルリバイブ(W-PRP)を行える医師はそう多いものではありません。学会などでも積極的に研究発表を行っているような医師を探すといいでしょう。

また、こうした技術的に高い腕を持った医師は、他のクリニックで満足のいく結果を得ることが出来なかった場合でも、いろいろな手法を用いて修正することが出来ます。

一度できてしまったしこりは手術などで取り除くことが出来ないため、ウルセラやサーマクールアイなどを照射して皮膚にハリを出すことによってしこりが目立たないよう修正します。

セルリバイブによる治療を選択するのであれば、こうしたリスクもキチンと説明できる医師が信頼できると言えるでしょう。

失敗の事例

セルリバイブ(W-PRP)の施術の魅力とも言えるのが、頬、眉間、ほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットライン、額、首、手などのたるみ、しわ、くぼみ、こけに加えて皮膚が柔らかく難しいとされる目尻、目の上、目の下のくま、たるみなどといった様々な箇所に対しての若返り効果が期待できる施術方法でもあります。

そんな幅広い箇所に効果が期待できるセルリバイブ(W-PRP)だからこそ、失敗の事例が多く挙げられているのも特徴的で、特に皮膚の柔らかい目の下が多く挙げられています。

例えば目袋の膨らみが残る、効果が得られない、しこりや凹みすぎ が目立つ、下眼瞼の膨らみ が残る、膨らみが左右差の大きさの違いが目立つ、下まぶたの外反 、細かいシワが残るといった失敗などが目立っています。

またその他の箇所に関しては、効果が得られない、傷の凹みや段差が残る、笑った時に口元が歪む、ほうれい線にしこりが残るといった失敗も挙げられています。

セルリバイブ(W-PRP)に失敗して定着しない・吸収されるってどういう状態?

セルリバイブと定着しない・吸収されることがあります。

セルリバイブ(W-PRP)の治療は異物を入れてそのまま残るようなことはない、定着しない・吸収されるタイプであり、だからこそ安心して治療をすることができます。

使うのは異物を無理に入れるのではなく、本人の血小板を活用するので、安心感が高くなります。

一度入れたら二度と取り出せないとか、不自然に残るといったものですと、かなり心配になるでしょうが、そうではないですから、ナチュラルに若返ることができます。

セルリバイブとしこり・膨らみ過ぎる

セルリバイブ(W-PRP)は従来の注入系の美容整形と比較をしても、しこり・膨らみ過ぎるといった、不毛な心配が少ない治療法です。

注入系で多いのは、ヒアルロン酸や脂肪注入ですが、下手をするとしこりになったり、入れすぎて凸凹することもあります。

ですがセルリバイブは、そもそも本人の血小板を利用していますし、その効果はとてもゆっくりと、ナチュラルな形で現れてくるので、気長に良い変化を楽しむことができます。

セルリバイブと持続期間が短いこと

セルリバイブ(W-PRP)は持続期間が短いと捉えるとしたら、それは半永久的なフェイスリフトの、切開手術との比較からのことでしょう。

天然素材の原料を活用しての方法であるのが、セルリバイブの若返り法でありますので、安心面でも定評があります。

そして不安のない天然の本人の血小板を使っていて、持続は2年くらいは持ちますので、それは結構長い期間を、良い肌の状態で過ごすことが出来るという理解にもなります。

セルリバイブ(W-PRP)の失敗

トラブルの例まとめ

セルリバイブ(W-PRP)とは、自分の血小板を用いて若返りができるこれまでにない画期的なアンチエージングの方法を言います。原理としては、血液に含まれている血小板に含まれる成長因子というものに着目します。

成長因子には、細胞を増殖させたり、肌を美しくするためのヒアルロン酸やコラーゲンを生成する能力があります。

また、傷などのダメージを修復して新たな組織を生成する力もあります。これらの効果によって肌の再生が可能になります。

しかし、この方法、主に手術において失敗することがあります。

例えば、効果がありすぎて、皮膚が膨らみ過ぎてしこりになってしまったりとか、腫れてしまうという失敗が実際起こっています。

医師の技術や臨床経験などによる技能のレベルによって術後の仕上がりが全く違ってきますので、セルリバイブ(W-PRP)の経験の多い、高い技術を持った名医を選んで失敗を防ぐ必要があります。

失敗をした場合は、修正手術をする必要があります。

セルリバイブ(W-PRP)の修正

セルリバイブはおすすめ

セルリバイブ(W-PRP)は無理のない美容治療で、自然に若返りの肌を獲得したい人に、おすすめな優しい美容医療の方法です。

自分自身の血小板の活用ということで、セルリバイブは劇的変化を即効性がある治療ではないです。

ですが時間をかけて良い変化が訪れるのは確実ですので、周囲からも美容整形治療を受けたとは、全く気がつかれることなく、ナチュラルに若い肌状態に変わることができるのが利点です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

セルリバイブは非常に安全性の高いW-PRP療法となるため、本来であればしこりなどは出来にくいとされています。ただし、効果を持続させようと他の成分を入れることでリスクが高まる可能性もあります。

しかし結局は医師の技術力によるところが大きいと言われており、クリニック選びが最重要となります。

もともと体内に存在する自分が持っていた成分であるため、いずれ体内に吸収されることはしかたありません。

ただ、ヒアルロン酸と比較すると1年~1年半ほどと長期間持続すると言われており、そういった持続性についてはあらかじめクリニックに問い合わせておいた方がいいでしょう。

また顔という敏感な箇所に、太めの針で注射を行うため、痛みが強く感じることがあります。その場合は各種麻酔を使用することとなりますが、低価格をうたうクリニックではこうした麻酔が正しく使用されないところもあります。

痛みをこらえて治療をすることは避けるべきであり、価格だけにとらわれず、こうした麻酔の使用の可否もきちんと聞いておきましょう。

技術力の高い医師の元では、セルリバイブの美容治療は高い効果を上げているという実績もあります。おすすめのクリニックは、こうしたセルリバイブを日々研究し、リスクや修正等をきちんと説明してもらえるクリニックです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。