フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ウルセラで失敗するとどうなってしまうのか

シワやたるみが気になるけれど、メスを使う美容整形には抵抗があるという方も、多いのではないでしょうか。
美容整形は確かに若返り効果に優れています。
しかし、傷跡が残るなどのリスクは避けられません。
より体への負担が軽い方法で若返りたいという方に、おすすめなのが「ウルセラ」という美容医療です。
この美容医療は超音波の作用によって、皮膚の下にある組織「筋膜」をリフトアップする事ができます。
皮膚の土台となる筋膜が引き上がるので、高いリフトアップ効果を発揮します。
また、施術後は数か月にわたり、コラーゲンの生成量がアップするので、肌のハリや弾力のキープ力にも優れている点が魅力です。

メスを使わない美容医療ですので、もちろん傷跡が残るという事もありません。
ただ、医師ではありますが人が施術を行うという事もあり、失敗のリスクは捨てきれません。
美容医療だからといって、失敗しない事は無いのです。
ウルセラを受ける際は、失敗してしまうリスクも考えておきましょう。

ウルセラで失敗するとどうなってしまうのか

問題点・失敗例

ウルセラはコラーゲンの収縮や、生成量をアップする作用がある美容医療です。
コラーゲンが収縮を起こす事によって、皮膚はキュッと引き締まりリフトアップを感じられます。
また、肌にハリと弾力をもたらすコラーゲンが増える事によって、長期間にわたりアンチエイジング効果も実感できるのです。
皮膚を切開・縫合する事なく若返るという事もあり、人気の美容医療となっています。
ただし、美容医療であっても失敗のリスクは、ゼロではありません。
ウルセラの失敗として挙げられるのが、リフトアップ効果が出なかったというケースが多いようです。
せっかく施術を受けても、元と変わりが無ければ元も子もありません。
この他に不自然な仕上がりになる場合もあります。
このようなリスクを下げるには、施術を任せる医師選びが大変重要です。
ただ、医師の技術力などを調べるのは、難しいと感じる方が多いでしょう。
このような時は、当相談所をご利用ください。
信頼できる医師をご紹介する事ができます。

uruseranoshippai

ウルセラに失敗して色素沈着ってどういう状態?

施術で考えられるリスク「色素沈着」

ウルセラはシワやたるみを解消できる、美容医療の1つです。
超音波エネルギーを肌に照射し、熱によってコラーゲンを収縮させたり、コラーゲン自体の生成量をアップさせます。
コラーゲンが増える事によって、肌にはハリと弾力が蘇り、シワやたるみを軽減できるのです。
ただ、美容医療でも施術によって考えられるリスクは、ゼロではありません。
この美容医療の場合、超音波エネルギーの熱によるダメージで、色素沈着のリスクがあります。

施術で起こりうるリスク「やけど」

ウルセラで起こるリスクには、「やけど」の症状も挙げられます。
超音波エネルギーはかなりの高温となります。
特にこの美容医療では超音波エネルギーを、一か所に集中的に照射し、よりアンチエイジング効果を引き出す点が特徴です。
医師が出力を間違えたり、肌質に合わせて超音波エネルギーを照射しなかった場合、熱によってやけどを起こすリスクが高まります。
やけどの他には熱で水ぶくれの上場が、出るケースもあるようです。

施術で起こりうるリスク「たるみへの効果が無い」

ウルセラのリスクで多いのが、「たるみへの効果が無い」という事です。
メスを使う美容整形の場合、たるみを解消する効果が出ないというケースは、ほとんどありません。
ただ、美容医療の場合、医師が超音波エネルギーの性質を熟知していない、患者の肌質を見極める事が出来ないなどの要因で、施術を行ってもほとんどたるみへの効果が無いという事があります。
せっかく施術を受けても、効果が無ければ金銭的なリスクも高まります。

施術を受けるなら名医を探す事がおすすめ

メスや注射も使わず超音波エネルギーを照射するだけで、たるみを解消できるウルセラですが、色素沈着や火傷、効果が出ないといったリスクがあります。
美容医療だからどこでも効果は一緒と考えず、名医がいるクリニックを探す事がおすすめです。
当相談所ではレーザーなど照射系の美容医療はもちろん、シワやるみ治療に精通している医師をご紹介しています。
施術を希望する方はご気軽に当相談所へ、ご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。