フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

知っておいてほしいウルセラのリスクについて

切らずにできるリフトアップとして最近注目を集めているのがウルセラです。肌の内側にダメージを与えてその創傷過程を利用したリフトアップ方法は従来からありましたが、ウルセラがすごいのが肌深部まで届くことです。筋膜といって肌を支えているところまで届くので、肌表面だけでなく全体のリフトアップが可能と言います。そんなメスを入れないリフトアップのウルセラですが、いいことばかりではありません。もちろんリスクもあります。
メスを入れないためメスの傷跡が残ることはありません。ただ、肌深部にダメージを与えるほどの超音波を当てるため、その強さの加減が重要になってきます。これはあまりないかもしれませんが、腕の良くない医師にあたって火傷という可能性も否定できません。また表面的には傷跡は残らなくても見た目的に肌が非常に不自然になる可能性もあります。さらにそもそも肌が弱い、薄いなど施術が不向きな人が受けることで、失敗するリスクはあるのです。

uruseranorisk

値段が安いのには理由あり

ウルセラにも失敗のリスクはあります。メスを入れなくても肌内部にダメージを与えるのですから。それを避けるにはカウンセリングでしっかりした意思疎通をするのはもちろん、それ以前に腕の良い医師に任せるのがまず第一になります。美容整形は高いので、どうしても安い値段のクリニックに走りがちですが、仕上がりの差は医師の腕に大きく左右されます。値段が安いということは、医師のスキルが低い可能性が高いのです。医師のお給料が安いから値段も安くできるというわけです。もちろん安いのに高品質なサービスを提供しているクリニックもありますが、初めての利用で判断するのは困難です。そのため初めて利用する場合、値段は平均以上のところを選ぶことです。
ウルセラの名医はどこで見つけたらいいのでしょうか。1つ1つカウンセリングを受けて探し出してもいいですが、とにかく手間がかかりますし、本当に名医なのかわかりません。どうしようかとお悩みの方、当相談所にお任せ下さい。本当の名医をご紹介します。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。