フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ウルセラのダウンタイムについて知っていますか?

ウルセラは切らない美容整形と言われているくらい、リフトアップ効果の高い美容医療です。
この美容医療は肌に超音波を照射し、リフトアップ効果を発揮します。
このような照射系の美容医療は数多くありますが、ウルセラの場合「高密度焦点式超音波」といって、超音波をピンポイントに集められる点が特徴です。
この作用によって、皮膚の下にある筋膜まで超音波を伝える事ができます。
筋膜のコラーゲンが超音波の熱によって、キュッと引き締まるので施術後すぐにリフトアップ効果を感じられるでしょう。
また、施術後は収縮を起こしたコラーゲンを修復する為、新たなコラーゲンがどんどん作られるようになります。
コラーゲンが増える事で肌にハリと弾力が戻り、シワやたるみを改善できるのです。
ただ、メスを使わない美容医療といっても、施術後はダウンタイムが存在しています。
ウルセラのダウンタイム中に起こりやすい症状としては、痛みや腫れなどです。
美容医療に多い内出血は起こりません。
ウルセラのダウンタイムについて知っていますか?

1週間で回復する

ウルセラは超音波の作用によって、シワやたるみを解消できる美容医療の1つです。
皮膚の下にある筋膜をリフトアップする事ができます。
メスを使わない美容医療ですので、傷跡は残りません。
ただ、施術後は皮膚が赤くなる症状が起こるケースもあるようです。
また稀にではありますが、痛みや腫れ、むくみといった症状が出るケースもあります。
このような症状は長くは続かず、1種間程で自然と回復するでしょう。
痛みが強いという場合、冷やしたタオルでケアすると軽減できるのでおすすめです。
内出血が起こるケースは、ほとんどありません。
ダウンタイムの期間が約1週間程度と、施術を受けやすいウルセラですが、医師の技術によっては症状が強く出てしまう事もあるので注意しましょう。
美容医療だからといって、医師選びを慎重に行わなければ、後々後悔してしまうかもしれません。
もし、医師選びに迷ってしまったら、当相談所をご利用ください。
信頼できる医師をご紹介しています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。