フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

トレチノイン・ハイドロキノンが失敗したらどうなるの?

シミやそばかすの治療として有名なのがトレチノイン・ハイドロキノンです。強力なターンオーバー効果があるトレチノインでシミやそばかすを排出し、その際の色素沈着予防としてハイドロキノンを使うという仕組みです。噛み砕いて言うとトレチノインを塗った部分は日焼けし過ぎた肌のように一皮むけます。それによってシミやそばかすも一緒にむけるというわけです。皮がむけるので、その部分の肌は一時的に弱くなります。そのため治療中、そして治療後の肌管理が非常に重要になってきます。ここで肌ケアを間違うと、シミが薄くなるどころか一回り大きくなったり、濃くなったりなど失敗の恐れが高まります。トレチノイン・ハイドロキノン治療法はレーザーで焼くわけでなく、クリームでシミを除去する方法なため肌に優しいと思いがちですが、レーザーと同じことをトレチノインのクリームでやっているだけなので、肌への負担はかなり大きいことは理解しておきましょう。
トレチノイン・ハイドロキノンが失敗したらどうなるの?

シミが大きくなる、濃くなる、シミが増える

トレチノイン・ハイドロキノン治療法で失敗するとどうなるのでしょうか。シミが一回り大きくなる、濃くなる、シミが増えることが考えられます。トレチノイン・ハイドロキノンは一旦皮をむく方法です。ごく軽い傷ができるのと同じなので、正しくケアしないとそれが傷跡となる可能性があります。皮がむけた後の肌に色素沈着がないように使うハイドロキノンですが、肌への刺激が強いので敏感肌など肌が弱い方は赤く炎症を起こすことがあります。ハイドロキノンは通常シミより一回り大きい形で塗るので、アレルギー反応に気づかずに使用を続けるとその炎症が慢性化し、その結果色素沈着となり、シミが一回り大きくなることがあります。
トレチノイン・ハイドロキノンは通販でも入手できますが、間違った使い方ではシミが治るどころか悪化する可能性があるので、美容皮膚科を受診して医師の診察を受けつつ治療を行うべきです。素人判断で使うと大変な結果となる可能性があるので注意しましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。