フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

後悔先に立たず!手のたるみの美容整形を受ける前にリスクを知っておこう

手のたるみの美容整形を受ける前には、治療のリスクを知っておこくことも必要です。手の皮膚は紫外線や乾燥の影響を毎日受けていますので、しわもたるみも出現はしやすいです。手のたるみの美容整形を、医療用のパワー強い医療機器で施術した場合、ケアを怠ることで、皮膚にはトラブルを起こしやすくなります。エステサロンでは美顔のために、エステ専用の美顔器を導入しています。美容クリニックでも美容多面、医療機器で施術をすることができますが、エステサロンの機器よりもパワーが強いです。手のたるみの美容整形で、美容目的の医療機器を使った場合、施術後に皮膚を約行為は厳禁です。光治療にしろレーザー治療での引き締めであっても、太陽の下で手の皮膚を約行為は避けましょう。医療機器は力が強いだけに、たるみへの効果も強いですが、皮膚は一時的に弱くなって、紫外線でしわやシミができやすくなってしまうリスクもあるからです。医療機器での照射の治療だったら、手のたるみケアではUVケアも必要です。

後悔先に立たず!手のたるみの美容整形を受ける前にリスクを知っておこう

糸を使う手術のリスクについて

手のたるみの美容整形を受ける前にリスクとして知っておきたいのは、もしも皮膚内に糸を入れた場合に、アレルギーを起こす可能性があります。顔のたるみは、誰もが避けては通れない症状ですが、糸を入れて引き上げる、リフトの手術もできます。糸を入れる場合は、皮膚を切って無い合わせる手術ではないので、ダウンタイムも大幅に少ないものです。その糸にも種類がって、残る医療用の糸や、溶けてなくなる糸もあります。そして美容医療で使われる糸には、金の糸を使ったリフトもあります。手のたるみの美容整形では、クリニックによっては金の糸でのリフト手術を、手にも施すことがあります。皮膚内のコラーゲンを活性化させて、皮膚を若返らせたりと効果はあるものの、その反面で深刻なリスクが、金によるアレルギー反応です。手術自体は局部麻酔でできますし、30分くらいではありますが、アレルギー反応がおきてしまったら、再度手術をして取り出すなど大掛かりです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。