フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

タイタンのデメリットは?

タイタンは、独自の赤外線レーザーを皮膚の真皮層に直接アプローチすることで、肌のコラーゲンを熱変性によって収縮させることが可能になり、よって満足度の高い引き締め効果を得られたるみの改善が得られるのが特徴的ですが、メスを使わずリフトアップを実現するからこそ効果にバラつきがあるデメリットがあります。
タイタンはもともと引き締め効果が4~6ヶ月という短期的な効果に加えて、患者様の肌質によっては効果が得られにくいのが現状なのできちんとその旨を説明しない医師の施術を受けた場合は、より自分の理想と実際の仕上がりにギャップを感じ、効果が得られないといったデメリットにつながる場合があります。
またもともと肌のたるみ自体がそれほど気になるほどのたるみがなかった場合や、脂肪がないといった方がタイタンを行った場合、逆に引き締まりすぎてげっそりして見たり、こけて不健康に見えるといったデメリットにもつながり可能性があります。
タイタンのデメリットは?

効果としては他の施術と比べマイルドなもの

タイタンから放つ近赤外レーザーは、肌の奥の真皮に熱の刺激を与えることで、たるんだ肌を深部から引き締める効果が得られたるみ解消を促しますが、総合的な仕上がりを見るとやはり効果としては他の施術と比べマイルドなものになります。
その為より強力なたるみ改善を望む患者様にとっては複数回の施術が必要になってくるので、トータルの費用を考えると施術費用が高額になるといったデメリットにもつながる可能性があります。
タイタンの施術費用は1回約2万~7万円程度が相場で、また効果の持続性は約4~6カ月程度という短さなので、クリニックによってはあらかじめ3回コースといったような複数回の設定料金がなされている場合もあり、その場合は約5万~15万円程度が目安となります。
たるみ解消の施術方法としては最も安価で、痛みやダウンタイムも少ない部類の施術になりますが、その分仕上がりがやはりやや半減してしまい何度も追加施術を希望するといった場合は、結果的により強力なサーマクールやウルセラシステムを受けた方がトータル的にコストパフォーマンスが良くなるという可能性もあります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。