フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

スターラックス1540のデメリットっていったい何?

スターラックス1540は従来のレーザーを当てるだけの治療方法とは違い皮膚を冷やしながら行いますので痛みが少なく、ダウンタイムの時間も短いといった優れた治療方法となりますがデメリットもあります。

スターラックス1540は基本的にリスクが少ない治療方法だと言われていますが、そんな中でもトラブルが起きたり、後遺症が発生したりすることがあります。
どういったことが起こるか簡単に説明しますと、効果がない、脱毛、化膿、施術失敗による左右差や不自然な仕上がり、痺れ、アレルギー、異物感、痛み、内出血、腫れといったものになります。
もちろん従来の方法よりもリスクが少なく、あまり痛みがありませんが完璧な施術方法ではないということを覚えておいてください。

スターラックス1540を受けるにしても安心して施術するために、少しでもデメリットやリスクを減らすために評判の良いクリニックで受けるのが良いかもしれません。
いずれにしてもメリットとデメリットの両方を考えておくことが大事です。
スターラックス1540のデメリットっていったい何?

色素沈着リスク

スターラックス1540で起こるデメリットとしてよくあるのが、やけどの症状や効果がなかったということになります。
冷やしながら行う施術ですが、施術で失敗をしますと上記のような症状があらわれてしまいますので、ドクターが技術や経験があるかどうかで結果が変わることがあります。
またスターラックス1540で心配をすることは仕上がりになりまして、仕上がりが悪いですと修正をしなければなりません。
このようなことがありますので、どこで施術を受けるかどうかが大事になります。

その他の大きなデメリットとしては重度のニキビ跡の治療の場合は肌の表面から深い部分までレーザーで治療をしなければなりませんから施術後にその患部に対して直射日光を浴びてしまうと色素沈着が起きてしまう可能性が高いです。
ですから治療後は色素沈着が起こるリスクが高まっていますのでケアをしっかりしたり、外出時等はなるべく患部を隠しておいたりする必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。