スペクトラによっておこりうるリスクって?

スペクトラとはレーザーで行う肝斑治療の一つです。肝斑はシミの一つで、その大きさや濃さは人によって異なります。様々な薬やサプリもありますが、効果がすぐに現れず、全く改善できないという方もいます。あまりに大きかったり濃かったりするとメイクでもカバーしきれなくなるため、なんとかしたいという方にオススメの治療法です。スペクトラはレーザーの出力を調整することによりメラニンを破壊することができるので、様々なシミや黒ずみに対応できます。まず、ショートパルスの場合は小さなシミやアザなどの黒ずみに効果があります。また、ロングパルスはニキビに効果的です。しかし、皮膚の奥にできているシミの場合は一回の治療では改善できないので、何度も行う必要があります。このように効果的に肝斑や気になる黒ずみを改善できるスペクトラですが、リスクが全くないわけではありません。レーザー治療なので施術をする上で何らかのリスクが発生する可能性があります。
スペクトラによっておこりうるリスクって?

レーザー出力調整は効果を左右する

では、スペクトラを行う上で発生するリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、スペクトラで重要なのはレーザーの出力の調整です。弱すぎれば効果はありませんし、強すぎるとシミを消すどころか逆に火傷をしたり跡になってしまうリスクがあります。そのため施術を行う医師の技術力が大切になってきます。皮膚の状態を確認した上で、レーザーを調整し適切な出力にしなければいけません。この際に経験不足で未熟な医師を選んでしまうと、レーザー出力を上手く調整できず、失敗する可能性が高くなってしまいます。火傷をしてしまうと、そのまま残る可能性もあります。そうならないためには、施術を受ける際は経験豊富な医師のいるクリニックを探すことをおすすめします。施術経験が豊富ならシミや肌の状態を確認して、適切な出力で効果的な治療をしてもらえます。失敗する可能性も低くなるので、きちんと肝斑治療をしたいなら技術力の高い信頼できる医師がいるクリニックを探す必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。