フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

スプリングアプトスのデメリットは想像以上?

スプリングアプトスとは、これまで糸で組織をひっかけて引き上げて行うリフトアップ施術のアプトスの欠点である表情を動かすと糸の引っ掛かりが外れてしまうという欠点を改善するために開発された施術です。スプリングアプトスでは糸全体が収縮するため、笑ったり大きく開口した場合の顔の表情の動きに柔軟に対応し、引っ掛かりが外れずリフト効果の持続性を高めます。このスプリングアプトスは安全性の高いシリコン・ゴムでできているため糸が伸び縮みするように作られています。この施術による整形では技術の高いドクター選びまたはクリニック選びが必要となります。整形に失敗してしまうリスクや術後トラブルを未然に防ぐためにも技術の高いドクター・クリニック選びをしっかりと行いましょう。整形によるメリットだけではなくリスクやデメリットなどについても事前に知ることが必要といえます。そこで、メリットやリスクまたはデメリットについてみていきたいと思います。

スプリングアプトスのデメリット

傷跡が残るなどの術後トラブル

まずスプリングアプトスのメリットは、手術によって行われる外いすリフトに比べてダウンタイムが短く、気軽にリフトアップを行えるため人気を呼んでいます。さらに従来のアプトス糸の欠点をなくすためにシリコンとポリエステル製の伸縮性と非吸収性の糸で作られています。ですから表情の動きに合わせて伸縮し自然な表情を残すことができたままでたるみを引き上げることができます。次にデメリットは技術の低い医師のもとスプリングアプトスを行うと効果が感じられなかったり、引きつれや麻痺、傷跡が残るなどの術後トラブルに見舞われることがあります。その他にも神経の損傷によるしびれや知覚鈍麻、後戻り、皮膚のデコボコなどの症状がみられることがあります。こうしてみるとスプリングアプトスのデメリットは想像以上といえるかもしれませんが、技術があり経験値のある医師のもと行うのであればカウンセリングからしっかりと信頼して任せることができます。こうした数多くの経験を持つ名医のもと行う整形は感染リスクも非常に低いといえます。ですからこうしたデメリットやリスクを最大限回避するため当相談所では経験ある名医を紹介していますのでお気軽にご相談下さい。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。
最新記事 by 美容整形の名医相談所 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*