フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

シルエットリフトを受ける前に失敗について知っておこう

失敗例を分析します

シルエットリフトは、従来の糸とは違い特殊な構造でできた糸を使用して行うリフトアップ術の一つです。

プチ整形の中でも効果が高いリフトアップ法ですが、溶けない糸を使用しているのでリフトアップの効果は3年ほどとされています。

プチ整形なので、ダウンタイム1週間ほどと短いですが個人差があります。

では、シルエットリフトの施術に失敗するとどうなるのか気になるところではないでしょうか。
せっかく施術を受けるのですから、施術後はコンプレックスが解消するイメージしかないと思われがちですが、実は美容整形や手術である以上失敗する可能性もあることを把握しておきましょう。

特に、費用の安さを売りに施術を提供しているクリニックの場合、医師の技術力を低価格にすることで隠して宣伝しているところもありますので、低価格だからとクリニックを選ぶのではなく多少高くなっても施術の完成度が高くなるクリニックを選ぶようにするのが望ましいといえます。

シルエットリフトを受ける前に失敗について知っておこう

しわやたるみが改善できないなどの失敗

シルエットリフトは、吸収されないポリプロピレンでできた糸とコーンと呼ばれる吸収性の円錐状にできた生体分解ポリマーの相乗効果によってより強力にリフトアップを行っていくので効果が高いとされています。

シルエットリフトにおける料金相場は50万前後とされていますが、どんな麻酔で行うかによって別料金が発生することもありますので事前にクリニックに確認しておくのが良いでしょう。

医師の技術力によって仕上がりに差が出るため、安易に低価格で施術を提供しているクリニックで施術を受けると後悔することにもなりかねませんのでクリニック選びは慎重に行うようにするのが望ましいといえます。

では、シルエットリフトにおける失敗とはどんなことが考えられるのでしょうか。

考えられるのは、フェイスリフトがただ糸を直線に挿入するだけと思っている医師が施術を行うと表情が不自然になったり引き上がりが不十分になりしわやたるみが改善できないなどの失敗の原因につながるとされています。

シルエットリフトに失敗、ひきつれ・笑顔が不自然になってしまった…

ひきつれ・笑顔が不自然になる理由。

シルエットリフトでは、顔を糸で釣り上げてリフトアップする手術法です。
メスを使わないということで人気ですが、釣り上げている糸には伸縮性がないので、リフトアップを行うと、ひきつれ・笑顔が不自然になってしまうというリスクがあります。
さらに溶ける糸を使用した場合には、引きつれなどが軽減される可能性はありますが、効果が短期間で軽減してしまう可能性があります。
手術後に違和感を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

効果が持続しない原因

メスを使わずにリフトアップが出来る美容整形手術として注目されている「シルエットリフト」ですが、デメリットとしては、効果が持続しないという点があります。
これは、手術に使われる糸にも問題があります。
リフトアップのために使用した糸が、留めた部分で緩んでしまったり、糸の持続性が弱まってしまうと、手術直後に比べて効果が減退してしまいます。
糸の種類の工夫や、手術後のメンテナンスがとても大切です。

糸が透けて見えるときは要注意

リフトアップの手術は全て当てはまりますが、執刀する医師によって仕上がりが左右されやすい手術です。
左右のバランスや、リフトアップ効果に差が出てしまう可能性があります。
失敗の内容としては、糸が透けて見える+というケースです。
皮膚の中に糸を通してリフトアップをしていう方法で,通常意図が透けて見えることはありません。
医師によって失敗してしまう場合もあるので、手術後の経過チェックは要注意です。

シルエットリフトの失敗

シルエットリフトのおすすめ点

シルエットリフトは、フェイスリフトの中でも、メスを使わずに輪郭をすっきりと変化させることで人気の手術です。
皮膚を切開しないので、ダウンタイムも短期間でよく、さらに傷跡が残るという心配の無いのも特徴です。
リフトアップにおすすめの方法ですが、医師の腕によって結果が左右されやすいので、手術を検討している人は信頼できる医師を探すことが大切です。
失敗した場合には再手術が必要な場合もあります。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。