フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ロアーリフトに失敗したらどうなってしまうのか

ロアーリフトとは、頬から首元にかけてたるんでしまった皮膚を持ち上げる手術のことです。
耳元の皮膚を切開し、リフトアップしたのち縫合しなおします。
このとき、その人の症状に合わせて脂肪吸引を同時に行ったほうが効果的な場合があります。
余分な皮膚や脂肪を取り除くことで、すっきりとした輪郭を取り戻すことが出来ます。
しかし、ロアーリフトは高い技術力が必要なため、手術を行っているクリニックが少なく、さらに未熟な医師による手術の場合失敗の恐れもあります。
切開手術のため、ダウンタイムには2週間程度必要となるので、スケジュール調節も重要になってきます。
ダウンタイム中には痛みや腫れが続く場合があるので、アイシングを行ったり、医師に処方された鎮痛剤を上手に利用して乗り越えましょう。
他にも医師から特別なアフターケアが指示された場合には、必ず従いましょう。
正しいケアをすることで、手術後の傷口の状態の変化の差は大きいです。

ロアーリフトに失敗したらどうなってしまうのか

医師の腕によって仕上がりが左右されてしまうため失敗例も

ロアーリフトは、加齢により垂れ下がってしまった頬の肉や皮をすっきりとさせることが出来るので、アンチエイジングの美容整形手術としては、とても効果的なものとなっています。
しかし、ロアーリフトには失敗も多く寄せられています。
まずは、仕上がりの不満です。
リフトアップの場合医師の腕によって仕上がりが左右されてしまいがちです。
特にロアーリフトの場合、脂肪吸引と併用して行うことが多いので、左右の差が出やすいものとなります。
左右の差が出てしまうと、修正手術を行う必要が出てしまいます。
また、もみあげ付近の皮膚を切開して行うため、もみあげの形が変化してしまったり、もみあげと同時に耳たぶが変形してしまうというトラブルもあります。
また手術後に頬が引っ張られる感じが残ってしまったりする場合もあります。
ダウンタイムが長いのも特徴で、2週間程度は必要になります。
その間痛みが強く出る場合もあるので、正しいケアを行い乗り切りましょう。

ロアーリフトの失敗

ロアーリフトの失敗例、効果が無い・たるみが取れないってどういうこと?

アンチエイジングのはずが効果が無い・たるみが取れないのはなぜ?

ロアーリフトという施術は、年をとってほほがたるみ四角い顔になってしまったからでも頬から首元にかけてフェイスリフトを行うアンチエイジング効果も大いに期待できる方法です。成功すると10歳も若返る事ができると評判ですが、低技術の医師がこの施術を行った場合または脂肪が多い場合には、効果が無い・たるみが取れないこともあります。この施術法は脂肪吸収などを併用して行う事で大きな効果が期待できます。

ロアーリフトの傷跡が目立つのに医師が失敗と認めてくれない?

美しい逆三角形の小顔を求めて行ったこの施術で、明らかに傷跡が目立つと悩んでいる方を聞いたことがあります。しかし、このような場合施術を受けたクリニックに行って失敗だと伝えたとしても、その医師は失敗だと認めないことが多いでしょう。ましては、傷口をきれいにしたいなら追加料金を払えと上から目線で対応される事もあります。後から後悔しない為にも、料金があまりにも安いクリニック等は注意が必要です。

ロアーリフトで腫れと内出血が強く出る失敗例について

様々なフェイスリフトがある中で、皮膚を剥がし余った皮膚を切除し張りなおすこの施術は大幅なアンチエイジング効果があると人気です。しかし、切開を行いますので術後は腫れと内出血が強く出る事があります。年齢・皮膚の状態・体質によっても差はありますが、通常のダウンタイムは約2週間と言われています。高度な技術が必要となる施術ですので、未熟な医師がこの施術を行うと腫れや内出血が強く出ておさまらないことも考えられます。

ロアーリフトの施術を希望される方におすすめできる事

大がかりな手術になりますので、ある程度のダウンタイムを考慮し施術は十分計画を立てて行う必要があります。またこの施術は60万~70万円が相場価格となっており、これよりも大幅に安い値段を提示しているクリニックはおすすめできません。

この施術には、高度な技術を必要としますので十分な調査を行い名医のいるクリニックのカウンセリングを受けることが賢明でしょう。いくつかのクリニックでカウンセリングを行い比較するのもよい方法だと言えます。

当相談所では、全国の名医をご紹介しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。