フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

リガメントリフトの効果がある箇所を徹底解剖

リガメントリフトという方法を選択するという人も増えてきています。美容整形外科でも提案されることが多くなってきているので、名前を知っているという方も多いのではないでしょうか。
そもそもリガメントとは、顔の皮膚を骨に強く固定している組織のことを指します。

貝柱のような形状をしており、これを切断して引き上げるのが、リガメントリフトと呼ばれる施術方法です。人間の体は老化が進むと、皮膚や皮下脂肪が張りを失って、重力に負けて下に落ちてきてしまいます。そのため、頰が垂れ下がり、たるみと呼ばれる状態となってしまうのです。そこで、リガメントリフトを行うことによって、すっきりとしたフェイスラインを作ることができます。

頬のたるみやしわが気になるという人、ほうれい線が増えてきたから改善したいという人に向いている施術です。また、首などのたるみにも効果があり、顔や首回りをほっそりと見せる効果に優れています。しかし、リスクも存在しているため、注意が必要です。

リガメントリフトの効果

顔全体のたるみやほうれい線、目尻のしわなどに効果

リガメントリフトは、安いクリニックの場合、80万円ほどの料金設定がされています。リガメントリフトは、顔面の皮膚を骨としっかりと固定をする貝柱のような働きをしている靭帯であるリガメントを処置することによって、リフトアップをするような治療法になっています。

たるみの度合が大きい場合や部位によって、リガメントの固定がリフトアップを阻んでしまうような場合があるため、リガメントをしっかりと処置をすることで、かなり効果的なリフトアップ効果を得ることが可能になっています。顔全体のたるみやほうれい線、目尻のしわなどに効果があり、多くの人が治療を行っています。

術後の後戻りがあまり起こらないという点もメリット

リガメントリフトは、リガメントを外すことによって、頬から中顔面のたるみを効果的に引き上げます。

リガメントがあることで、皮膚や肉と骨が癒着しているので、それを外す施術がリガメントリフトです。そのため、引き上げようとする力を効率的にたるんでいる部分にかけることができるので、高い効果が出ます。また、術後の後戻りがあまり起こらないという点もメリットのひとつです。

しかし、リガメントリフトは、効果が高い分、失敗のリスクも考えられるので注意して検討することが必要となってきます。

傷跡が残ってしまったり、思ったように結果が出なかったのでもう一度施術を行なわなければならなくなった、という人もいます。また、肌に違和感が残ったり、ひきつれを起こしたりというようなことも考えられます。

このようなリスクや失敗を最低限に抑えるためにも、技術と経験が優れた医師に施術を依頼するようにしましょう。こちらで名医のご紹介を行っているので、お気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。