フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

知らないと怖い、リガメントリフトのデメリット3個まとめ

年齢を重ねると共に、徐々に顔の肌は張りを失い、重力に屈する形で皮膚が垂れ下がって行きます。

その結果、目立つ形でたるみが出来たり、フェイスラインが崩れてしまい、老け顔に見られる事になるのです。

大半の女性は年齢を経ても、出来るだけ若く美しく見られたいという願望があるため、老化を防ごうと、日常的に肌のお手入れを念入りに行っていたりしています。

ですが肌のお手入れでは、老化を幾分遅らせる事は出来ても改善する事までは難しいです。

お陰で顔にたるみや出来てしまった場合には、本格的な対処法を実行する必要があります。

その方法としておすすめ出来るのが、美容クリニックに行き、リガメントリフトの施術を受ける事です。リガメントリフトの施術であれば、垂れ下がってしまった皮膚を引き上げ、たるみやフェイスラインの崩れも解消し、顔の若返りを実現する事が出来ます。

ただしリガメントリフトは比較的難易度の高い整形手術であり、失敗した際に様々なデメリットが生じるので注意すべきです。

リガメントリフトのデメリット

左右で違いが出て歪んだ顔付きになる等、目立つ形でデメリットが生じる危険性

リガメントリフトとは、顔の靱帯を切断する事で、靱帯のない部分も含めて顔全体の皮膚の引き上げ効果が得られるという術式となっています。靱帯を用いて引き上げるため、後戻りし難く、高いリフト効果を得る事が可能です。

ただし効果が高い分、手術の難易度も高めとなっており、手術時間も長く失敗のリスクもそれなりに高いと言えます。リガメントリフトの手術に失敗した際に生じるデメリットは、上手く引き上げ効果が出ない事です。長時間手術を受けた上で、効果が出ないので厄介な失敗だと言えます。

更に引き上げの調整に失敗する事で、顔が引きつった様な状態になったり、左右で違いが出て歪んだ顔付きになる等、目立つ形でデメリットが生じる危険性もあるのです。

なのでこの手術を受ける際はデメリットが生じるのを避けるために、失敗しない事が1番に重要だと言えます。

手術失敗を避けるための方法としては、リガメントリフトの手術経験が豊富な美容クリニックを幾つか選び出す事です。そしてその中から、口コミ情報を調べる等して、実際に手術を受けた人から評判の良い美容クリニックを選ぶ事をおすすめします。

知っておきたいリガメントリフトのデメリット「効果が無い」

術後に変化を感じられないほど効果が無い場合があります。

リガメントリフトを行うと、皮膚とともにその下にあるSAMA筋膜という組織も一緒に引き上げるので、高いリフトアップ効果があります。この治療には熟練の技術が必要なので、経験の少ない医師が行うと、ほとんど効果が無いというリスクがあるので気を付けましょう。

筋膜を中途半端に引き上げても、たるみやしわが解消されないので、お金と時間の無駄になります。経験豊富な医師ならそんな失敗はおかさないので、術後は若々しい肌に生まれ変われます。

皮膚にひきつれが起こることがあります

フェイスリフトでたるみを引き締めたいときは、リガメントリフトがおすすめです。靭帯を引き上げるので後戻りしにくく、強力に若返ることが出来ると口コミでも評判になっています。

ただし技術が低い医師では、正確にリフトアップするのが難しいため、皮膚がひきつれを起こしてしまうことがあります。見た目が不自然になり、表情を作りにくくなるなどの後遺症が懸念されるので、技術の高い医師に任せるようにしてください。

切開した毛髪内がハゲることがあります

リガメントリフトは皮膚を切開して行うので、傷跡が目立たないよう、頭皮にメスを入れ、そこからリフトアップしている美容外科が少なくありません。しかし下手に切開すると、毛髪内がハゲる可能性があります。

頭皮にメスを入れた部分の毛根へのダメージが大きいと、そこからは髪の毛がはえてこなくなるので、髪形を上手く工夫して、隠さなければなりません。熟練の医師に任せればそのような失敗は起こさないので、髪形で悩まなくても済みます。

失敗したくないなら信頼できるおすすめの美容外科へ

リガメントリフトを行うと、たるみを解消できますが、下手な美容外科に任せると失敗することがあるので注意が必要です。ひきつれが出来る、効果が無い、切開した毛髪内がハゲるなどのデメリットがあるので、術後に辛い思いをする可能性があります。

実績のある美容外科を選んで治療を受ければ、そんな失敗はしないので安心です。当相談所では信頼できるおすすめの美容外科を紹介しているので、あとで後悔したくない方はご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。