フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

リファームSTの修正は難しい?

肌のたるみやハリは、化粧では隠すことができません。
従来の光治療器では、1種類の光を照射する機器がほとんどでした。
しかし、リファームSTは、赤外線と高周波を同時に照射できる機器なのです。
ダブルの照射によって、肌の奥深くまでエネルギーが伝わります。
エネルギーが肌の奥まで届くことで、たるみの改善、修正効果がさらに高くなっています。
リファームSTによって肌の深い部分まで熱エネルギーが伝わることで、効率的に真皮層のコラーゲンを増やすことが可能です。
リフトアップ治療の中には、肌に負担がかかる治療法もあります。
しかし、リファームSTは、肌に与えるダメージが少なく、安全性の高い治療法として知られています。
真皮層に働きかけることで、コラーゲンの生成も活発になり、肌が引き締まります。
そのため、たるみだけでなく、加齢によるシワにも効果を発揮します。
顔全体を効率良くリフトアップすることで、肌に弾力とハリが戻り、見た目も若々しくなる人が多いです。

リファームSTの修正は難しい?

複合治療で短縮

リファームSTの施術では、医師がカウンセリングによって肌の状態をチェックします。
そして、肌の診察を行って、治療法の説明を行います。
低刺激の洗顔料やクレンジング剤を使って洗顔をした後、冷却効果があるジェルを塗ります。
冷却効果があるジェルによって、肌を熱から守ります。
高周波のエネルギーを照射して肌に熱を与え、肌の状態に合わせて適した設定に変えます。
施術時間は、顔全体の照射で20分ほどです。
リファームSTの施術後は、肌に赤みが出ることがありますが、施術後はメイクアップも可能です。
たるみの改善、修正のために、リファームSTの施術を月に1回のペースで3回から4回行う人が多いです。
たるみの改善、修正は、適切な治療を行えば難しくありません。
イオン導入や内服薬、外用薬を使った治療を併用することもあります。
複合治療を行うことで、新たな肌トラブルを防止する効果が期待できます。
また、内服薬や外用薬を併用することで、治療期間を短縮することが可能です。
早く結果を出したい人は、複合治療を行うケースが多いです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。