フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

リファームSTが失敗した場合

赤外線と高周波でスキンタイトニングができるリファームSTは、切らずにたるみやしわの改善が可能であり、引き締めにも効果的で、施術直後にある程度の実感が持てるとともに、コラーゲンの増加をサポートするため長期的に肌のハリや肌質改善を実感する人もいます。

高周波は単体では真皮層に届くことが難しいですが、赤外線は表皮にダメージを与えることなく真皮層にまで熱を与えることが可能で、熱に伝わりやすい高周波は赤外線で作られた熱により真皮層まで届き、真皮層の創傷治癒機能を働かせ、結果コラーゲンの産生が促進されます。

照射範囲を誤ったり出力を間違ってしまうと失敗して全く真皮層にまで届かず、効果が得られない場合があります。個々で肌への伝わり方に違いがあるので、きちんと計算して照射できる技術がある医師による施術が大事です。リファームSTによる火傷の心配はほとんどありませんが、同じ場所ばかり何度も照射されれば熱による影響で痛みが出ることがあります。
リファームSTが失敗した場合

どんなリスクがあるのか

リファームSTを実施する前に、カウンセリングを行い肌の状態をみて、治療直前にはクレンジングも行われます。肌を綺麗にしてある程度潤いがあったほうがよく、水分に伝わりやすい赤外線が肌の奥まで行き届きやすくなります。洗顔後にジェルを利用するのも、肌を守ることと合わせて効果的にするためです。熱の肌への影響を軽減するため冷却しながら行われますが、日焼けなどをしていると痛みが感じやすいことがあります。

失敗してしまうと肌に強い赤みが残ることがあり、特にしみやほくろがある部分は照射の影響が強く出て、赤みが残ることがあって化粧で隠さなければならなくなります。

複合的なケアを行う必要がある人もいるため、正しいアドバイスが可能な知識を持っているいる医師に施術してもらうことも大切で、リファームSTの操作技術にも優れている必要があります。

美肌を目指しているのに肌を傷つけてしまわないためにも、リファームSTの名医を探している人は、ご紹介を行っている当相談所にお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。