フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

レーザーピーリングのアフターケアが大事なのはナゼなのか

レーザーピーリングは肌をキレイにする美容治療法で、色々な美容クリニックで受けることが出来ます。
この治療法を受けると効果的なのは、顔に出来た小じわやたるみ、ニキビ跡や毛穴の開きなどが気になっている人です。
レーザーピーリングはヤグレーザーを使って施術をするクリニックが多いですが、カーボンクリームを肌に塗ってからレーザーを照射する所と塗らない所があるなど、クリニックによって多少施術の内容に違いがあります。
レーザーを使ったピーリングで肌がキレイになる仕組みは、レーザーを照射することで小じわや毛穴が内側から引き締まり、肌にハリが与えられることや、肌内部のコラーゲン産生が促されるので肌にキメが出ることがポイントになっています。
レーザーピーリングは施術中に痛みがあるとしても、輪ゴムではじかれた程度となっているので受けやすい美容治療ですが、アフターケアをしっかりしておくと治療を受けたことによるデメリットが起こる確率が低くなるのでおすすめです。
レーザーピーリングのアフターケアが大事なのはナゼなのか

施術後の維持が不可欠

レーザーピーリングは施術を受けた後に肌に赤みやほてりを感じることがありますが、数時間で落ち着くのであまり心配しなくても大丈夫となっています。
レーザーピーリングを受けた後に行うアフターケアとしては、肌の保湿ケアを普段よりもしっかりとすることと、日焼け止めなどを使用して紫外線対策を充分に行うことが重要です。
なぜこのようなアフターケアが大事かと言うと、レーザー照射を受けた後の肌は一時的に乾燥しやすくなったり、紫外線ダメージを受けやすい状態になってしまうからです。
そのため、ローションや乳液での保湿ケアや日焼け止めをしっかり塗るといった対策を取ることで、肌荒れやシミ、くすみが起きにくいようにしておくのがおすすめとなります。
せっかくレーザーピーリングを受けてキメやハリがある滑らかな肌になったとしても、シミやくすみが出来てしまっては残念ですから、この施術を受けた後は保湿と日焼け止めのスキンケアを忘れずに行い、美肌を維持することを目指すと良いでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。