フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ライムライトの名医を見分けるポイントとは

ライムライトは、日本人医師が日本人特有の肌に沿って開発された機器であるため、従来の光治療や一般的なレーザー治療などのメリットを把握しながら、ライムライトをうまく取り入れる必要性があります。
例えば長年強い直射日光を浴び続けて濃く浮き上がったシミなどに対しては従来の光治療やレーザーなどで充分なわけです。
それに比べて日本人特有の薄く細いシミの場合では、今まであきらめていた従来型の治療方法ではなくライムライトを用いた施術方法で、広範囲の波長の光で照射することによって、さまざまな肌トラブルの解消に期待できるといった判断力が必要になります。
その為このような薄いシミに対して施術方法を変える判断力や、肌色に関係なく施術ができるといったメリットを熟知している医師が名医を見分けるポイントになります。
また日本人に多い薄く細いシミにも効果があるといった知識に加えて、医療機器の取り扱いに慣れている医師かどうかも、名医を見分けるポイントにつながっていきます。
ライムライトの名医を見分けるポイントとは

2つのポイントと施術例

ライムライトは広範囲の照射によって、肌全体に小さく広がるようなそばかすや、ニキビ跡を肌にダメージを与えずに改善する効果がある上に、ハリのある肌を目指す方にも最適な施術方法でもあります。
そんな魅力さが目立つ施術方法ではありますが、ライムライトを受ける際にはいくつか気を付けたいポイントがあって、例えば日焼けした直後の肌には施術できないこと、施術期間は数カ月に及ぶ継続した治療を要することが挙げられます。
またよくありがちな例として施術途中で気になる部分のシミそばかす、ニキビ跡などが薄くなったからといって途中で患者様の自己判断によって治療を中断してしまうケースがあります。
このような場合はせっかくシミなどが改善する兆しにあっても、再発してしまう場合があることが挙げられます。
また副作用はほとんどありませんが、施術後のアフターケアには、乾燥や赤みが現れるのを防ぐ為にも、施術後は保湿、紫外線対策をしっかり行う必要性があります。
施術の技術力だけでなく施術前のこのような具体的な説明や、アフターケアの経過をしっかりと診る医師かどうかは、非常に名医を見分ける重要なポイントにつながってきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。