フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ライムライトのアフターケア、どうする?

ライムライトは、520~1,000nmの幅の広い波長の光を照射することによって行うことができる美容に関する治療法です。520nm~600nmの光によって赤ら顔やにきびの治療をすることができ、600nm~800nmの光によってしみや雀斑、色素沈着の治療をすることができ、800nm~1,000nmの光によってコラーゲンの生成を促すことで肌にハリを与えられるため、さまざまな治療を一度にすることが可能になっています。ライムライトによる治療を受けた後に、肌に異常が起こることはあまり見られません。そのため、アフターケアをほとんど行わなくても大丈夫であり、日常生活に全く影響を与えないで、治療を行うことが可能になっています。何らかの問題が出た場合には、医師が適切な処置をしてくれるため、安心できます。施術時間が30分ほどであるため、治療のための時間を確保しやすく、仕事を休まなくても治療をすることが可能になっているため、気軽に治療を行いやすくなっています。
ライムライトのアフターケア、どうする?

メリット

ライムライトは、施術後すぐに、洗顔やメイクをすることが可能になっています。ライムライトは日本人の肌にあわせて、日本人医師らによって開発された機器であるため、日本人との相性が非常に良く、安心できます。施術による腫れが生じることもほとんどなく、アフターケアを一切しなくても、肌を良い状態に保つことができます。施術中に麻酔を用いらなくても治療をすることができ、我慢できないような痛みが生じることがほとんどないため、肌にあまりダメージを与えないで治療を行うことができます。痛みに関して不安がある人の場合は、麻酔をしてもらうことも可能であり、表面麻酔などをしてもらうことが可能になっています。入浴することも、施術の当日から行うことが可能になっていて、日常生活をいつも通り送ることが可能になっています。施術の影響で、赤みが出てしまう場合もありますが、すぐに消えるような弱い洋上であることがほとんどであり、安心できます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。