フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

Qスイッチヤグレーザーのアフターケアに必要なのは?

Qスイッチヤグレーザーはシミやアザなどに有効な、レーザーの治療法として有名なものです。レーザーでの治療というと、簡単なシミやアザなどは消すことができましたが、従来の方法では消すことができないものがいくつかありました。また、レーザーに使用する波長の関係で、日本人には向かないものもあり、必ずしも最適とは言えないものも多くありました。
Qスイッチヤグレーザーはそのような問題を解決するのに、最適なレーザー治療法といえます。この方法では、532nmと1064nmの波長の光を利用することで、互いに得意なシミやアザに対して治療を行うことができます。またこの波長帯の光は、メラニン色素の多い日本人にはダメージを与えにくい波長でもあり、健康な皮膚へのダメージを与えにくいことも知られています。しかし、いくらダメージを与えにくいといっても、手術後に適切なアフターケアを行わなくては、良い効果を得ることはできないといえます。
Qスイッチヤグレーザーのアフターケアに必要なのは?

マメなケアが成否を分ける

Qスイッチヤグレーザーによる治療の場合、レーザーの照射後すぐは皮膚表面が白くなっています。30分もすると赤く腫れあがり、少し痛みを伴うことがありますが、次の日には晴れは治まっています。これは軽いやけどの状態であり、適切なアフターケアをしておかないと、後々キズや感染症の原因になってしまいます。
手術当日はなるべくお風呂などは避けて、皮膚へ刺激を与えないようにしましょう。また擦ったり、紫外線が当たるような場所へ行くのも厳禁です。しばらくは皮膚は赤いままですが、徐々にかさぶたができるようになります。このかさぶたは取らずに、医師に処方された軟膏などを塗って、自然に取れるようになるまで放っておくようにしておきましょう。無理にとると傷痕として残りやすく、皮膚はデリケートな状態になっているので、刺激を与えると色素沈着の原因となってしまいます。かさぶたが取れたら、通常通りの生活が可能で、メイクや洗顔なども普通に行うことができます。
Qスイッチヤグレーザーは大変素晴らしい治療法ですが、アフターケアをしっかり行わなくては最適な結果を得ることはできません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。