フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

Qスイッチ・ルビ―レーザーに期待できる効果って?

Qスイッチ・ルビ―レーザーはシミやアザなどに効果があるということで、たくさんの方がこの手術を受けています。その方法は簡単で、気になる部分にQスイッチ・ルビ―レーザーを照射するだけという簡単な方法で、切開などがないので比較的体への負担が少ない治療でもあります。
ルビーレーザーは694nmの波長の光を発しており、これはメラニン色素に対して特異的に働くことが分かっています。メラニンは子の波長の光をよく吸収するため、ダメージを受けてメラニンが消滅していきます。しかし他の正常な細胞はこの光をあまり吸収しないため、ダメージを与えることなくシミやアザをとることが出来ます。ルビーレーザーだけでは出力が足りないので、Qスイッチを使うことでその出力を強めて照射しています。そのため顔や首筋にあるシミなどで悩んでいる人は、このQスイッチ・ルビ―レーザーでによる手術を受けて、患部の治療を行うのが一般的な方法となっています。
Qスイッチ・ルビ―レーザーに期待できる効果って?

シミやアザに有効で、効果の範囲もとても広い

Qスイッチ・ルビ―レーザーは広くシミやアザに有効で、効果の範囲もとても広いです。
色の薄いものから濃いものまでもカバーし、広範囲にわたってもシミやアザの治療が可能です。茶アザや黒アザについても効果があり、先天的にある青あざに対しても有効です。またそばかすも除去することができますし、タトゥーの除去にもこのQスイッチ・ルビ―レーザーが使われています。
このように万能なように見えるQスイッチ・ルビ―レーザーですが、肝斑に対しては効果がないです。それどころか逆に濃くしてしまう恐れがあるので、治療には使われないのが一般的です。肝斑とはほほの両側に現れることが多い、ぼんやりとした形のシミで、これに対して照射してはいけません。
このように治療できるもの治療できないものをしっかりと把握しておき、自分の治療に有効なのかを知っておくと良いでしょう。そして、医師とのカウンセリングを行ったうえで治療を行うようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。