フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

Qスイッチ・ルビ―レーザーを受けるならデメリットを理解してからにしてください

Qスイッチ・ルビ―レーザーはシミやアザ、そばかすなどを消すのに有効な方法です。他の整形手術とは違い、切開などのようなことは必要なく、患部にQスイッチ・ルビ―レーザーから発せられる光を照射するだけで目的を達することができます。
ルビーレーザーが発する光は694nmの光で、これが患部に当たることでシミやアザが消滅します。この波長の光はメラニン色素は良く吸収し、そのダメージを十分に受けるためなくなってしまいます。しかし正常な部分の細胞はこの光をほとんど吸収しないため、正常な細胞がダメージを受けいることはまずありません。
アザは濃いもから薄いものまで効果があり、アザやシミの大きさに関係なく効果があります。またアザも先天的にある青いアザについても有効で、顔や首にある物を消すことが出来ます。またタトゥーの除去にもこのレーザーは使われており、様々なメリットがあります。そのぶんデメリットにも注意しておく必要があります。
Qスイッチ・ルビ―レーザーを受けるならデメリットを理解してからにしてください

多くの行動が制限されてしまうのがデメリット

Qスイッチ・ルビ―レーザーはシミやアザ、そばかすについて有効な方法であり、たくさんの人が利用しています。しかし、デメリットがあるのも確かで、手術を受ける際にはそれらをしっかり理解したうえでQスイッチ・ルビ―レーザーの手術を受ける必要があります。
Qスイッチ・ルビ―レーザーによる手術を受けると、その直後は患部が白くなっていますが、30分ほどたつと赤く腫れあがるようになります。これは次の日までに腫れは引きますが、その後かさぶたができるまでは肌が敏感になっているので化粧などをするのは控える必要があります。また手術してしばらくは、紫外線のように皮膚に刺激を与える環境に晒すことを控える必要があります。ダウンタイムは短いほうではありますが、このかさぶたができて自然に無くなってしまうまでは、多くの行動が制限されてしまうのがデメリットであります。それが終わると日常通りの生活にもどることができ、今までと変わらない生活を送ることが出来ます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。