フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ポラリスに失敗するとどうなってしまうのか

美容医療が気になるけれど、肌が弱いから施術は諦めている・・という方も多いのではないでしょうか。
このような方におすすめしたいのが、「ポラリス」です。
この美容医療は他の施術法と比較すると、各段に肌への負担が少なくなっています。
ですので、どのような肌質であっても施術を受けられる点が魅力です。
施術を受ける事によって、シワやたるみといった年齢肌、毛穴の開きを改善できます。
ただ、肌へのダメージが少ない美容医療といっても、失敗のリスクはゼロではありません。
失敗の症例として挙げられるのが、「全く効果が現れない」という事です。
ポラリスは肌への負担を減らした美容医療という事もあり、最大限の施術を行わなければ施術の効果が現れないのです。
副作用のリスクは少ないものの、施術を受けても肌に変化が現れないとなると、やはり金銭的・精神的なダメージは避けられません。
施術を受ける際は、このような失敗もある事を考慮しておく必要があります。

ポラリスに失敗するとどうなってしまうのか

火傷や色素沈着が起こるといった失敗

ポラリスは副作用が少ない美容医療として知られています。
ダイオードレーザーと高周波エネルギーを同時に照射し、コラーゲンの生成量を増やす効果が期待できます。
ただ、副作用が少ないといっても、やはりゼロでは無いので注意は必要です。
特にポラリスに詳しくない医師が施術を行った場合、火傷や色素沈着が起こるといった失敗が考えられます。
他の美容医療と比べると火傷などの副作用は起こり難いのですが、肌の状態を見極めて照射するエネルギーを調節しないと、このような症状が起こってしまうのです。
火傷や色素沈着は薄くするのに、時間がかかってしまうので出来るだけ避けたい失敗です。
このようなリスクを抑えるには、医師選びを慎重に行う事が必要です。
ポラリスの作用などに詳しく、なおかつ症例数の多い医師であれば、このようなリスクが低いと考えられます。
もし、医師選びに難航しているのであれば、当相談所をご利用ください。
信頼できる医師をご紹介しています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。