フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ポラリスのダウンタイムはどのくらい?

ポラリスは肌に優しい美容医療として知られています。
ダイオードレーザーと高周波エネルギーを一緒に照射し、コラーゲンの生成量をアップするのが特徴の美容医療です。
このような照射系の美容医療は他にもありますが、施術後に痛みや腫れ、むくみなどの症状が出てしまうケースも少なくありません。
一方ポラリスはというと、ダイオードレーザーと高周波エネルギーを、肌の真皮層へとピンポイントに照射できる事から、肌への負担が少なくなっています。
気になるダウンタイムですが、他の美容医療と比べると症状は軽いものとなっています。
痛みや腫れ、内出血といった症状は起こりません。
施術後、ほんのり肌に赤みが出るケースもありますが、すぐにメイクが出来るのでカバーする事が可能です。
ダウンタイムがほとんど無いという事もあり、仕事をしつつ施術を受けられます。
長期間、仕事を休めない・ダウンタイム中にケアを行うのが面倒という方に向いている美容医療です。
ポラリスのダウンタイムはどのくらい?

ダウンタイムがほとんど無い美容医療として人気

ポラリスは痛みや腫れ、内出血といった症状が出ず、ダウンタイムがほとんど無い美容医療として人気です。
また肌へのダメージが少ない事もあり、敏感肌の方でも施術を受けられます。
美容医療に興味はあるけれど、肌への負担が心配・・という方でも施術を受けやすいでしょう。
ただし、施術を行う医師の腕によっては、皮膚の赤みが強く出る傾向にあります。
また火傷や色素沈着を起こすケースもあり、このような症状が出てしまった場合は、ダウンタイムも長くなってしまうので注意が必要です。
このような症状をできるだけ避ける為には、医師の質を十分にチェックする事が必要です。
ポラリスの仕組みなどに詳しく、またレーザーや高周波、超音波を使った照射系の美容医療を熟知している医師であれば、副作用や失敗のリスクもかなり抑えられます。
医師の技術力・知識力は自分で調べるには、時間や手間暇がかかってしまうので当相談所にご相談ください。
信頼できる医師をご紹介しています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。