フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ニキビ跡レーザー治療の失敗として何があるの?

ニキビ跡レーザー治療の失敗としてあるのは、高い費用を支払って治療を受けたのに、あまり効果がないということでしょう。ニキビ跡レーザー治療は、光治療などと比べてみても、肌への刺激も強い治療方法です。ニキビの状態は皮膚科で治療ができますが、ニキビ跡の治療は保険対応の皮膚科では、治療が難しくなってきます。保険でできる皮膚科治療だと、内服の医薬品を飲むか、患部への塗り薬での対処になるからです。ニキビ跡は皮膚に残ってしまっているため、美容皮膚科や美容外科の治療の範囲に入ってきます。レーザー治療は効果的ですが、レーザーの照射は、強い痛みを伴います。人によっては、そのレーザーの照射の痛みが辛いので、照射をするパワーを下げて治療をすることがあります。ですが、パワーが低すぎると痛みは少なくていいものの、効果は出にくくなってしまうのです。その効果の低さが結果的に、治療の失敗という意識を起こさせる可能性は出てきます。
ニキビ跡レーザー治療の失敗として何があるの?

リスク

ニキビ跡レーザー治療の失敗として、皮膚にシミができてしまうことがあります。ニキビ跡レーザー治療は、強力なレーザーを肌へと照射をしていく方法です。肌は一時的にではありますが、とてつもなく弱い状態に陥ります。その期間は人にもよりますが、回復までの間に意識的に守るケアをする必要が出てきます。そのケアをやらないと、皮膚状態の弱いままで日常生活を送ることになります。そうなれば、生活の中で避けては通れないのが、太陽の紫外線の存在ということになります。紫外線は皮膚が丈夫な時も、弱っている時も、同じように降り注いではダメージを与えます。その紫外線を、レーザー治療後の皮膚が、防御なしで受けてしまうと、そのまま悪影響を受け取ります。メラニン発生は多くなって、皮膚は黒く焼けてもいきますし、困ったことに皮膚が弱いだけにシミができやすくなるのです。レーザーをニキビ跡の治療で選択をするのであれば、紫外線から皮膚を守ることを必ずすることです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。