フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ニキビ跡レーザー治療を受けるデメリットとは

気になるニキビ跡は、ニキビ跡レーザー治療で治すことが可能です。自宅でのセルフケアで治せるニキビ跡もありますが、クレーターになったニキビ跡やしこりのあるニキビ跡などはセルフケアでは完治は難しく、レーザー治療が効果的です。肌はターンオーバーで肌細胞の生まれ変わりがありますが、ターンオーバーは表皮で起こり、表皮の下の真皮や皮下組織まで炎症が及んだニキビでの跡は、肌のターンオーバーだけでは改善することは難しいのです。レーザー治療のメリットには、真皮や皮下組織までレーザーの光が届くため、クレーターなどのニキビ跡を改善することができます。ニキビ跡レーザー治療のデメリットのひとつは、クリニックによって導入しているレーザー治療の機器が異なったり、施術者の技術などによっても効果や結果が異なる点です。手軽に施術は受けることができますが、ニキビ跡レーザー治療をする場合には、知識や技術のあるクリニックを紹介するサイトなどを活用して、自分が満足できる治療を受けることができるクリニックを選ぶことが大切なことです。
ニキビ跡レーザー治療を受けるデメリットとは

早く治したい人に向いている

ニキビ跡レーザー治療には大きく分けると4種類の治療方法があります。
最も一般的な方法は、レーザーで肌に0.1m程度の小さな穴を無数に開けて、皮膚細胞の入れ替えを行なう治療方法です。熱エネルギーが真皮まで達すると細胞分裂を起こしてコラーゲンが生成されて、クレーター状にくぼんだ部分が盛り上がってきます。
炭酸ガスレーザーを点状に照射して、より早く、深いところまで届かせることで皮膚細胞の総入れ替えをする治療法は、ニキビのクレーターや炎症が深くまで進行した場合に適しています。
レーザーのをクレーターの角にあて、角を削るようにして表面を滑らかに目立たなくするニキビ跡レーザー治療は、少しでも早く治したい場合に向いています。また、通常のレーザーと同時にマイナス30度の冷却ガスを噴射して肌を必要以上に傷つけることなく治療する方法もあります。
ニキビ跡レーザー治療にはメリットやデメリットもあります。知識や技術が優れているクリニックを紹介しているサイトなどを活用して、自分のニキビ跡に適した方法で治療することがニキビ跡治療に大切なことです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。