フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ミントリフトに失敗したらどうなってしまうの?

失敗例

ミントリフトは、糸を使って切らずにたるみを解消するリフトアップ術です。従来のたるみ治療で使用される糸は、棘の入った切り込み型が多く、強度や持続性に欠けるのが難点でした。

しかし、ミントリフトで使用される糸は羽を付けたような特殊な糸であり、強度は従来の8倍で、持続性は3倍にまで高められています。そのため、たるみ治療の中でも、驚異的なリフトアップ力と持続力でしっかりとフェイスラインを引き上げてシャープな印象にしてくれます。

しかも、糸を挿入することでコラーゲンやエラスチンの生成が促進されるので、肌のハリやツヤもさらにアップしますし、この糸は、外科手術にも使用されている体内で溶ける成分で作られており、アメリカFDAで認定されるほど安全性も高いのです。このように、この施術はしっかりとたるみを引き上げるリフトアップ力と安全性の高さが大きな特徴ですが、もし、施術を検討するのなら、失敗するケースについても知るべきです。どのような失敗が考えられるのでしょうか。

ミントリフトに失敗したらどうなってしまうの?

皮膚が凸凹になったり引きつれなどが生じて不自然な表情

ミントリフトは、強度と持続性の高い特殊構造の糸でしっかりとたるんだ皮膚を引き上げてシャープなフェイスラインを作り出すこと出来る施術です。ミントリフトは、安全性の高い溶ける糸を使用するのが大きなメリットのひとつと言えますが、それでも、失敗するケースがいくつか考えられます。

まず、皮膚が凸凹になったり引きつれなどが生じて不自然な表情になることもあります。また、ミントリフトは溶ける糸を使用したリフトアップ術なので、糸が溶けて吸収された後は、リフトアップ効果が弱まってしまうこともあります。そして、ごく稀にですが、糸が顔の組織内で切れてしまって、まるでエクボのようなくぼみになってしまうことがあります。

ただし、このくぼみは時間の経過と共に消失することが多いです。糸を使用したリフトアップ術は、施術を行う医師の技術力によって仕上がりが大きく変わります。そのため、重要なのは、技術力の高い名医を選択して施術に臨むことです。

ミントリフトに失敗、「効果が持続しない」事に後悔…。

せっかく受けたのに効果が持続しないことがあります。

切開手術をするリフティングは半永久的に効果が続くのでたるみをしっかり解消できますが、糸で引き上げるタイプの施術は簡単に受けられる一方で効果が持続しないというデメリットがあります。特に溶ける性質のある糸で行うミントリフトは糸の周りにしっかりコラーゲンやエラスチンが生成されないとハリや弾力が戻らず、たるみもそのままで施術前と施術後でほとんど見た目が変わらないという結果になる人もいます。

挿入したはずの糸が透けて見えることも

極細タイプの針を使って皮膚の奥に挿入したはずの糸が、時間が経つと表面に浮かびあがってしまい糸が透けて見えるという症例もあります。糸の周囲に細胞が育つ前の不安定な時期に大きく笑ったり顔の筋肉を使うと糸が動いて表面に出てきてしまったり、挿入した髪の毛の生え際部分の肌が浅いところがでこぼこになって見た目がおかしくなったりする危険があります。気になったらすぐ施術を受けた病院で相談しましょう。

糸の入れ方によっては顔がひきつれ・笑顔が不自然になる

針の穴を目立たせないように髪の毛の生え際を利用して挿入するため、糸がしっかり引き上げたい部分に到達しなかったり変な方向に入ってしまったときは顔がひきつれ・笑顔が不自然になってしまう危険があります。顔の筋肉を動かしたくても自分の意志と無関係に引っ張られたり、目元や口元の特定の部分だけが常につっぱったような状態になってしまい、笑ったときにおかしな表情になったり痛みを感じることもあります。

ミントリフトの失敗

ばれない美容整形を試したい人におすすめ

ミントリフトは切開をしないでできる方法で、頬など顔の表面に針を刺すのではなく髪の毛で隠れる部分から糸を挿入するので施術直後でも傷跡が全く見えず、誰にもばれずにリフトアップができる便利な方法です。周囲に気付かれずに美容整形をしてみたい人におすすめで、ダウンタイムも短いので忙しくても気軽に受けられます。痛みはほとんど感じないので初心者でも安心で、少しだけ整形したい人にも向いています。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。