フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

眉間のしわの美容整形のダウンタイムについて知っておこう!

眉間のしわの美容整形でしわ取りの注射をするときには、針を肌に差し込むので痛みがあります。そのまま刺すのは本当に痛いので、肌は保冷剤等を押し当てて、皮膚の感覚を鈍くさせてから注入をすることが多いです。病院によっては、患者の希望を聞いて有料で、麻酔を利用することもあります。保冷材で冷やすのは無料ですが、各種麻酔は注入の注射とは別料金が発生をします。しわ取りの注射は腫れ上がるものではありませんが、内出血を起こすことはあります。ダウンタイムを過ごすときには、内出血を上手にカバーして会社に行ったり学校に行ったりできます。内出血は黄色くなって治っていきますので、メイクで隠して過ごすといいでしょう。患部は擦らないようにして、自然に状態がもどるのを気長に待つことです。眉間のしわの美容整形でしわ取りの注射をした当日は湯船に入るのは控えて、熱すぎないお湯を出してシャワーで、汗や汚れを洗い流すといいです。顔にはシャワーを強く当てたりはしないで、優しい洗顔をしましょう。
眉間のしわの美容整形のダウンタイムについて知っておこう!

成分によってケアは異なる

眉間のしわの美容整形でしわにヒアルロン酸を入れたら、ダウンタイムではなじませるように、ソフトなマッサージをするといいです。注入時は痛みもありますが、そのあとは多量の内出血があるとか、腫れを感じてもいっときです。眉間のしわの美容整形では、注入をする成分によっては、触れない方が良い成分もあります。それは、注入をして触ると、それだけ吸収が早くなるからです。でもヒアルロン酸を入れた時には、なじませてあげたほうがいいです。不均一に皮膚の薄いところへ入ってしまうと、凸凹してしまうのもヒアルロン酸ですので、なだらかで均一な皮膚の状態であってこそ、ヒアルロン酸をれてよかったと思える状態になります。無理にこするようなことはしなくていいですが、気になるようならマッサージをしてもいいです。そのほかには毎日の肌のお手入れで、眉間の狭い場所ではありますが、化粧水や乳液をキチンと付けるようにすることも必要です。ヒアルロン酸を入れても、外部よりも保湿は必須ですので、治療をしたあとのダウンタイムにも保湿をしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。