フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ミッドフェイスリフトで失敗しないために

中顔面のリフトアップの整形法はおすすめ

ミッドフェイスリフトは、中顔面に悩みを抱える人におすすめの美容整形です。目の下のた るみは年齢とともに気になりますし、頬のたるみも気になりますが、それらを一気に解消へ向かわせます。目の下のだらしないたるみも、目尻に感じるたるんだ 皮膚も引き上げることになりますし、目元のたるみを予防することにもなります。年齢が安い目もとは、中顔面のリフトアップ手術をすることで、一気に見た目 が若返ることとなります。ですが失敗例も・・

ミッドフェイスリフトで失敗しないために

失敗例

ミッドフェイスリフトは顔面中部の若返りを主体としていて、目の下から頬にかけてや鼻唇溝にアプローチしたい方、ほうれい線が気になっている場合などに実施すると、5歳から10歳程度の若返りが期待できる人もいます。クリニックによっては顔面中部だけでなく目じりなども意識して施術してくれるので、目元全体も含めた若返りをサポートしてくれます。

顔面中部は、筋膜の付き方などが他の部分と違っているため難しく、慣れていない医師が行うと失敗する可能性が高くなってしまいます。下まぶたの眼輪筋から真皮下の浅筋膜層などとともに、表在脂肪層などについても詳しい必要があります。

ミッドフェイスリフトは側頭部の生え際や口腔内を切開することで行われるため、術後の傷あとが目立ってしまう心配がいりません。執刀する医師の技術が未熟だと神経を傷つける恐れがあり、出血を少なくするためには骨膜剥離による方法が望まれるので、確認して適切な手術を受ける必要があります。

ミッドフェイスリフトの失敗

ミッドフェイスリフトでの失敗として起こる「切開した毛髪内がハゲる」ってどういうこと?

中顔面のリフトで切開した毛髪内がハゲる症例があります。

ミッドフェイスリフトの切開の美容整形で、切開した毛髪内がハゲることは、割と起こりうるリスクの一つです。皮膚を切除すると引き上がりはしますが、大きい負担を受けてしまった皮膚は、髪の毛を再生させる力を残していないままに、脱毛をすることがあるのです。髪の毛で傷の跡は各セルとしましても、失った髪の毛が大きな代償となってしまいます。髪の毛を気にするならば、毛の移植の美容整形も考えることです。

中顔面のリフトアップの美容整形とひきつれ

ミッドフェイスリフトでひきつれを起こすリスクがありますのは、ひとつは無理に引き上げているということと、もうひとつは中顔面であるという、とても難しい場所を意識しての美容整形だからです。フェイスリフト自体には種類が意外といくつもあって、フルフェイスリフトもあれば、部分的なリフトもあります。いずれも引き上げる美容整形術では、無理な引き上げをしてしまうと、顔にはひきつれが生じてしまうことがあります。

中顔面のリフトアップ整形と効果が無いことについて。

ミッドフェイスリフトを意を決して行ったにも関わらず、切開までしたのに効果が無いとしたら、担当医の腕も関わってくる可能性があります。なぜならば頬のリフトアップをするようなレベルではなく、これは顔の真ん中あたりの悩みを解消したくて、受けるためのリフトアップの美容整形です。そしてどのフェイスリフトよりも、中顔面は引き上げが、大変難しい高レベルであるために、経験の少ないドクターでは、腕が足りないことがあります。

失敗しないベテラン医師に依頼すべき

ミッドフェイスリフトは剥離が不十分であると綺麗にリフトアップすることが叶わず、満足できない結果になることがあります。切開が必要な手術ですし、剥離などを何度もやり直すと皮膚に影響が出て、壊死などの心配も出てきます。手術の回数が増えれば感染症のリスクも高まるため、失敗しないベテラン医師に依頼すべきです。

顔面中部を引き上げて鼻唇溝や口角吊り上げ効果が効きすぎてしまうと、不自然な表情になってしまいます。どこまで剥離して引き上げるかなど丁寧にライン決めして手術を執刀してもらうことが大切で、目立ちにくい部分の切開でも下手なやり方をされてしまうと腫れあがったり、髪の毛の生え際部分の傷あとが禿げてしまう可能性もあります。

目の下まぶたのたるみから頬、口角なども気になりリフトアップを望み、ミッドフェイスリフトで顔面中部の若返りを希望する方は、当相談所にて難しい手術も可能な名医のご紹介を行っていますから、気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。