フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)で失敗するとどうなる?

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)療法は自分自身の脂肪を使うことにより、頬のこけやほうれい線、シワなどを解消する方法です。ヒアルロン酸注入のように分解酵素が無いため、効果が永久的に持続することが特徴です。しかし、それ故に施術に失敗した場合の修正が非常に難しいのがリスクとしてあげられます。実施に施術を行った人の失敗例はどういった事例があるか説明します。

美容整形を行う場合は、どの方法であれ少なからずダウンタイムという術後の腫れや炎症といったことが考えられます。ただ特に顔の場合は、予め想定していたダウンタイムにもかかわらず失敗なのか治るのかといった精神的不安はかなり大きいです。ある方の場合はマイクロCRF(コンデンスリッチファット)療法後の顔の腫れが酷く、顔が依然と全く変わってしまったということです。担当医に相談したところ、ある程度脂肪が吸収されることを想定し多めに入れたとのことでしたが、腫れが引くまでも不安は相当なものだったでしょう。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)で失敗するとどうなる?

失敗による後遺症の様々な事例

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)療法で施術を受けた人の中には、術後の腫れが予想以上に酷く、精神的にとても不安だったといった声が多く見られます。また脂肪を注入したことにより、ほうれい線などが逆に目立つようになってしまったといった事例もあります。その他、マイクロCRF(コンデンスリッチファット)療法の失敗による後遺症は様々な事例があります。先ずは施術を行っても定着しなかった、または効果がなかったという失敗例です。

また顔に左右差ができてしまった、突っ張り感や引きつり感が残る、しびれがでるといった事例もあります。これ以上に、施術による感染症が最大の懸念点です。マイクロCRFの後遺症として化膿、壊死、アレルギー、知覚麻痺になってしまったという失敗例も見受けられます。このような最悪な事態を避けるために、確かな技術と経験をもった医師を選ぶことは、マイクロCRF療法を受けるにおいて最も重要です。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)の失敗

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)に失敗。しこり・石灰化状態に…。

マイクロCRFとしこり・石灰化。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は、しこり・石灰化なども起こりにくい方法です。本人お脂肪を吸引して、しこりなどになってしまう、不純物を一切除去してから、細胞をコンデンスして、とてもフレッシュなコンデンスリッチファットのみを使うためです。ですから従来の脂肪を注入するような、しこりができたり、石灰化して悩むといった不安は、大きくリスク的にも軽減されている方法でもあります。

コンデンスリッチファットと感染

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)の美容整形をすることになりましたら、雑菌などの感染症にはかからぬように、注意をして過ごすことになります。顔の金ある部位に脂肪を注入をして、その患部の傷が完全に塞がるまでは、手では強く触れないようにしましょう。本人の脂肪を吸引して注入に至りますので、おへそや太ももの付け根などの、脂肪吸引をした傷口にも、雑菌が侵入しないように、清潔を維持しましょう。

新しい治療のため想定外リスクがあるマイクロCRF

新しい治療のため想定外リスクがあるのが、マイクロCRF(コンデンスリッチファット)でもあります。マイクロCRFの生成プロセスを知ることで、研ぎ澄まされたな素材となり、注入にも安心感が高いです。脂肪吸引をしたら空気には触れることもなく、良いコンディションの脂肪組織の採取を無菌状態で採取することになります。脂肪は健やかな状態の脂肪組織と幹細胞だけが濃縮されて、シリンジに充填されることになります。

名医の治療するマイクロCRFの整形

名医によるマイクロCRF(コンデンスリッチファット)の美容整形であれば、顔の衰えに対しましても、安心の脂肪注入での若返りを実現ができます。特に目の下のくぼみや、クマの治療であったり、顔のやつれた上歌い等には、コンデンスリッチファットの注入は最適な美容整形法です。肌には安心の脂肪が入りますので、ハリと潤いが即座に蘇ることになります。若さあふれるふっくらした、滑らかな丸みのある素顔の形成ができます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。