フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の上のたるみの美容整形の修正の際に気をつけたいこと

見た目が重苦しく感じるのは、目元になにかの特徴があるケースが多いです。明るく爽やかさに欠けるのは、目の上にたるみがるためかもしれません。本人は明るくて元気なのに、周りからしたら、不機嫌そうに見えたり、疲労感が溜まってそうにも見えますし、何よりも老けて見られます。美容クリニックで目の上のたるみの美容整形を受けることで、そのイメージは大きく変えていくことは可能です。ですが、いくら毎日のように美容整形をしている病院でも、目の上のたるみの美容整形は、完璧にできる補償はありません。もしも目の上のたるみの美容整形をして、それから修正をすることになったら、再度の整形でダウンタイムももう1回同じようにあることを頭に入れておきましょう。たるみ取りの手術は、抜糸を必要とします。ですから、1週間ほどは強い腫れも出ますし、手術をしてから完治までには時間がかることも、お直しをするまえにはスケジュール上でも計算をしておきましょう。

目の上のたるみの美容整形の修正の際に気をつけたいこと

やり直しのストレスを避ける

目つきさえ悪く見えるのが、目の上にたるみのある状態です。これがなくなることで、印象はよくなりますし、ナチュラルな二重にすることにもなります。それに上手に整形ができれば、西洋人のような目元にも近づきやすいです。目の上のたるみの美容整形は、美容医療で行うことができますが、切開にもリスクがあります。もしも1回の目の上のたるみの美容整形で気に入らない結果であれば、修正のときには医者との相談時間をしっかりととって、慎重に話し合いをしなければなりません。とても細く目立ちにくい糸で、切開部分は縫合を行うので、周りからは目立ちにくいですが、本人はとても気になります。サングラスなどで過ごす日が、数日は続くことも頭に入れましょう。切開は皮膚への負担も大きいために、医者には自分の希望を細かく伝える出来でしょう。それは傷への負担だけではなく、やり直すという心へのストレスも大きくなるので、慎重に話し合いを行う必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。