フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の上のたるみの美容整形の失敗にはどんなものがある?

垂れ下がったまぶたはアイラインに被って目を小さく見せてしまいます。またいくらビューラーで持ち上げても皮膚の重みですぐにまつ毛が下を向いてしまいがちです。そのせいでアイメイクの効果もなくなり老けて見えます。
目の上のたるみの美容整形を行うとたるみが取れて目元がスッキリとし、アイメイクも決まるようになり、元の若々しい目元を手に入れることができます。とはいえ、美的観点からいえば単にまぶたのたるみを取り除けば若いころのように戻るというものではありません。皮膚のたるみの度合いや場所に応じて適切に切除し、希望するデザインにすることが第一です。医師の腕次第では、たるみ自体は取り除けたとしても、見た目に不自然な仕上がりになってしまっては心に傷を負うことになります。目は人の印象を決める大切なパーツですから、失敗しないようにするためにも目の上のたるみの美容整形を行う際は、次に挙げる失敗例やトラブル例を参考に、リスクについて理解しておくことが大切です。

目の上のたるみの美容整形の失敗

失敗例・修正困難な箇所

目の上のたるみの美容整形では下を向いた時などに切開した部分の傷が目立ってしまうことがあります。医師の腕によるところもありますが、手術自体が成功していても、傷が残りやすい体質だと目立った傷になることがあります。特に年齢を重ねるとそれだけ傷の治りが悪くなるので、ダウンタイムの過ごし方に注意し、アフターケアが行き届いたクリニックを選択しましょう。
目の上のたるみの美容整形のトラブルの中でも深刻な例では、縫合した部分がガタガタになってしまったり、腫れが引いても左右差が著しく目立つという例があります。失敗したときの修正費用の保証があるかどうかは重要な点ですので契約前に必ず確認しておきましょう。ただ顔の皮膚は大変薄く、組織を取りすぎてしまうと修正が大変困難になってしまいます。手術に極細の糸を用いていることや、肉眼ではなく拡大鏡を使っているクリニックを選ぶことでこれらのリスクを小さくすることができます。
目の上のたるみの美容整形の後、ドライアイになったという声も聞かれます。目に大変負担をかけますので、気になるようなら医師に相談しましょう。

知っておいてほしい、目の上のたるみの美容整形の失敗についてまとめます。

目の上のたるみの美容整形の失敗にはどんなものがある?

眉下切開やブローリフトの傷跡が残るという事

目の上のたるみの整形による眉下切開やブローリフトの傷跡。

目の上のたるみの美容整形法として、ブローリフトや眉下切開などの美容整形術があります。眉下切開やブローリフトの傷跡は、何事もなかったように消えることはなく、皮膚の切除を行うために必ず残るものです。ですが傷跡は最小限にすることは可能であり、女性の場合はメイクなどで、上手にカバーして過ごすことができます。かなり近くで顔を見るようなことがなければ、通常の距離は出そうはわからないでしょう。

目の上のたるみの整形と腫れと内出血が強く出る症状

目の上のたるみの美容整形につきものなのは、美容整形による内出血と、患部の腫れた症状です。腫れと内出血が強く出るのは、1週間ほどのあいだです。むくみなども感じますが、それも10日程もすれば、徐々に引いてくる症状です。女性はお化粧との関わりもあるでしょうが、手術をしたところ意外であれば、その日からメイクはできるものの、あまり刺激を与えない方がいいので、1週間ほどは目元以外の軽いメイクにしておくといいです。

目の上のたるみの整形とたるみが解消しない・効果が無い

目の上のたるみの美容整形で、たるみが解消しない・効果が無いとしましたら、それは治療が適切ではなかったかもしれないです。目の上のたるみ解消のための美容整形術なので、もしも皮膚がかぶっているために、狭くなっているとか、たるみが出てきているなどの場合でしたら、上眼瞼リフトなどの他の治療法を検討するkともできます。ですが通常でありましたら、眉下切開やブローリフトと申しますのは、目の上のたるみを解消するのに適しています。

目の上のたるみ整形の名医

目の上のたるみの美容整形を名医にお願いするのは賢いことであり、眉下切開やブローリフトという、細かい美容整形を得意としている医師を選ぶようにしましょう。目の上にたるみが出てきますのは、年齢を重ねることの自然現象でもあります。しかし目の上のたるみは、とても見た目を年寄り臭く見せることになりますし、実年齢を高めてしまい、本人としても目が開けにくい状態です。でも手術に成功すれば、快適な目元で若く見られます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。