フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の上のくぼみの美容整形の修正には何が必要?

目の上のくぼみの美容整形の修正に必要となってくるのは、医師の技術と知識です。くぼみ目の原因を正しく判断せずに施術を行ってしまうと失敗しやすく、目の不適切な治療は視野を狭くしてしまったり、開き具合が悪くなってしまう懸念があります。

目の上のくぼみの美容整形で一番行われるのは、くぼみに注射器で注入を行う方法であり、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法があります。年齢が原因でくぼみができる人が多く、軟部組織自体が減少してくるのでそれを補う方法です。細い血管を避けて注入する必要がありますが、下手な医師が行うと血管を避けずに酷い内出血を起こすことがあります。脂肪を入れる場合には特に細菌混入を防ぐことが大切ですが、対応が不十分な医師が行うと感染症を引き起こす原因になります。

左右のバランスがとれていなかったり、必要以上に注入してしまいふくらみができてしまうと、修正として除去したり溶解するなどの対応が必要で、技術がないと仕上がりが綺麗にならないため、難しくなります。

目の上のくぼみの美容整形の修正には何が必要?

2つの施術法

目の上のくぼみの美容整形の原因を勘違いして、上のまぶたが垂れ下がってきてしまう眼瞼下垂の人に注入する対処を行っても綺麗にくぼみを消せずに余計なしわを作ってしまうことがあるので、切開により眼瞼下垂への対応が必要になることが多くなります。

眼瞼下垂の人は眉毛を引き上げて目をあける癖がついてしまい、上眼瞼の皮膚が引っ張られることで眼窩脂肪が奥へ引き込まれることで起きるくぼみに手術により対応します。修正を行うときには、目をあけるために使う腱膜といわれる挙筋と瞼をつないでいる部分を短縮させたりする挙筋腱膜前転術や挙筋瞼板固定などの方法を行う場合が多く、技術がなければ綺麗な瞼のラインにし上がらなくなります。合わせて二重の形成を行いたい場合には特に腕のある医師にお願いしないと目立つ傷跡が残ったりデザインが綺麗にならない懸念も出てきてしまいます。

目の上のくぼみの美容整形の修正が必要な状態になり悩んでいる方は、当相談所において名医のご紹介をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。