フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の上のくぼみの美容整形のアフターケアで外せないポイント

上まぶたのへこんだ部分をケアするためにはヒアルロン酸の注入や脂肪注入が効果的です。
長期的に改善させたい場合には目の上のくぼみの美容整形として二重まぶた手術をするのがおすすめです。
くぼみが強い場合や眼窩下垂を併発している場合には埋没法では効果が見られないことが多いので、しっかりとカウンセリングをしてどういうふうにしたいのか、どれだけ効果を維持させたいのかをはっきりさせておく必要があります。
ヒアルロン酸や脂肪注入でははれぼったいまぶたになることも考えられますし、二重手術の場合でも幅が広すぎる二重になる場合があります。
目の上のくぼみの美容整形、特に二重まぶたの手術は経験が浅いドクターでも手術を担当する場合が多く、仕上がりに不満を持つ人が多く発生しているのが現実です。
事前カウンセリングをしっかりと受けて、理想の目の形と自分に似合っているかどうかを確認して納得してから治療にのぞむことが重要になりますし、アフターケアをシンプルにする秘訣でもあります。

目の上のくぼみの美容整形のアフターケアで外せないポイント

医師のセンスが大きく影響する

目の上のくぼみの美容整形では医師の美的センスによるところが多く、注入する量によっても仕上がりが変わってきます。
ドクターとクリニックを選ぶ場合には最新の症例写真を掲載しているかどうか、ドクターの経験値を公開しているかどうかなど客観的なデータを確認しておく必要があります。
年齢とともに目の周りの脂肪を支える筋肉が落ち、本来あるべき脂肪が下に落ちている状態ですので、目の上のくぼみの美容整形ではほとんどの場合全切開をする必要がないため、二重まぶたの手術の中でもシンプルな手術に該当し、時間もかからず、ダウンタイムも少なくてすみます。
うまれつき上まぶたの脂肪が少ない人も目の上のくぼみが目立つようになります。
目の上のくぼみは年齢よりも老けた印象を与えることになりますので、手術が不安な方は自分の脂肪を注入する安全な方法を選択するのもおすすめです。
アフターケアも二重まぶたの手術が腫れや内出血、痛みを生じることが多いのに比べて、脂肪やヒアルロン酸注入はアフターケアがほとんど不要なのもメリットです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。